Global Information site~siruzou

自分で浮気調査をすることのリスク

Businessman Investigation

配偶者の浮気を知ったときに落ち込む方もいる一方で、裏切りに対して怒りに震えご自身で積極的に対応する方もおります。

なかには探偵事務所を利用することなくご自身で浮気調査を行うというケースもあるのですが、一定範囲を超えた調査はリスクをはらみますのであまりお勧めできません。

スポンサーリンク

尾行がばれたらジエンド

ではご自身で行う浮気調査にはどのようなリスクがあるのでしょうか?

まず家庭内で配偶者の持ち物を改めるなどその程度の調査であれば問題は無く、配偶者にばれないように注意深くするのであれば積極的に行うべきだといえます。

しかし探偵事務所の調査員のように尾行や張り込みなどの調査を行う場合は全く事情が異なります。

一度でもばれてしまえば配偶者は慎重さを増すことになり、その後の証拠収集は探偵に依頼しても難しくなる場合もあるのです。

顔がばれないように変装をして余計に目立つ

よくテレビドラマや小説などでは一般人が調査員の真似事をするシーンが見受けられるのですが、張り込み一つとってもその場所に数時間留まるのは不審者そのものです。

また配偶者に顔がばれないように変装を重ねれば余計に目立つことになるのです。

スポンサーリンク

尾行を行うにしても本職の調査員の場合は2人1組で行い、交互に入れ替わることで対象者に同じ人物に後をつけられていると感じさせないように気をつけるのですが、この点においても一人では対応することができません。

加えてに調査を行う際には細かな知識や技術も必要となりますので、このあたりが全く皆無な方が調査を行うことはあまりにリスクが大きいといえるのです。

尾行は危険!つきまとい行為で犯罪者に

またご自身で浮気調査を行う場合には法律的な問題がありますので、場合によっては検挙の対象とされてしまう危険もあります。

調査員の場合は法律により職業上一定の行動が許されています。

一般の方が相手を尾行した場合にはつきまとい行為と判断されてしまいますので、とくに不倫相手を尾行していたときにばれてしまうと理由はどうあれ警察に突き出されてしまう危険があります。

できるだけ調査は探偵に依頼したほうが良いといえます。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る