Global Information site~siruzou

外貨預金はネットバンクが有利 -おすすめの銀行・利息・手数料

外貨

外貨預金をするなら、メガバンクなどの普通の銀行よりもネットバンクがおすすめです。

ここではその理由と、おすすめのネットバンクやそれらの利息・手数料などを紹介します。

スポンサーリンク

ネット銀行なら、手数料も安く金利も高い

外貨預金では、普通の銀行よりもネット銀行がおすすめです。理由は「手数料も安く、金利も高い」からです。

両方の条件がいいのは、「ネット専門」だからです。余計なコストが省かれているので、その分利用者に還元できるわけです。

これは別におかしなことではなく、たとえばUFJなどのメガバンクも、リアルATMからの振込は、今年から有料になっています。
(UFJ同士の場合でも)

しかし、UFJダイレクトというオンラインバンキングなら無料のままです。

なので、「金融のオンライン化」は、メガバンクでもどんどん加速しているんですね。
お金がどんどん「ただの数字」になっているわけです。

■メガバンクとネットバンクの手数料はどれだけ違う?

両者の手数料はかなり違います。たとえば米ドルの目安でいうと、

・メガバンク…1円
・ネットバンク…0.25円

となっています。
つまり、ネットバンクはメガバンクの4倍安いということです。

■為替手数料の計算の仕方

この「1円」とか「0.25円」というのはどういう意味か説明します。たとえば「ドルを買う」時、「1ドル100円」だったとします。

普通だったら100円払えば1ドルもらえるわけです。

しかし、ここに「手数料1円」が入ると、1ドルを買うために「101円必要」ということなんですね。

逆に売る方はどうかというと、1ドルを売って円にするとき、普通は100円もらえるわけです。

しかしそれが1円差し引かれて、「99円しかもらえない」ということです。

これが取引全体に適用されるので、たとえば1000ドルの取引をした場合は、手数料で「1000円」かかるということです。

スポンサーリンク

手数料がダントツで安いのは往信SBIネット銀行

上の目安では、ネット銀行の手数料は「0.25円」と書きました。

しかしこれは楽天銀行やじぶん銀行の目安で、往信SBIネット銀行なら、わずか「0.09円」です。(それぞれ時期によって多少違っている可能性はありますが)

ただでさえ安いネット銀行の中でも、さらに平均の半額以下ということで、手数料の安さではSBIはダントツということができます。

その次に安いのはソニー銀行で、「0.15円」」となっています。

SBIと比較すると2倍近いですが、それでも楽天銀行やじぶん銀行と比較すると半分近いので、これもかなり安いといえるでしょう。

つまり、手数料の安さで選ぶなら「SBIかソニー」ということです。

金利の高さで選ぶなら?

金利は、預ける期間によって順位が変わります。普通預金の場合、「SBI、じぶん銀行、ソニー銀行」が「0.05%」ともっとも高くなっています。

ネットバンクではないですが、東京スター銀行も0.05%で並んでいます。

■「2週間満期」なら、新生銀行が最高

2週間満期というよう超短期なら、新生銀行が0.2%と、上にあげた銀行の4倍になっています。

かなりの高金利ですが、2週間満期である以上、よほどの金額を預けない限りは利子はつかないので、相当な資産を持っている方向けのサービスと考えた方がいいでしょう。

■全体的にはじぶん銀行が一番高い

どの期間でも全体的に一番高いのはじぶん銀行です。普通、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月とあらゆる期間で、トップの利率となっています。

・1ヶ月…1%
・3ヶ月…0.15%
・6ヶ月…0.2%

などです。ただ、これについても条件付きでじぶん銀行より高いところはあります。

■「王様金利」と「おためし外貨」

・東京スター銀行「王様金利」
東京スター銀行は「1ヶ月限定」の外貨預金コースで「王様金利」というものを設けています。
この金利の場合「10%」というじぶん銀行の10倍の高金利となっています。
(他のメガバンクなどと比べると100倍近いです)

ただ、ダントツの高金利である以上、預けられる金額などにも条件があります。

・新生銀行「おためし外貨」
新生銀行も同じく「1ヶ月限定」の縛りで、「3.5%」という高金利の「おためし外貨」というコースを設けています。
東京スターの10%と比較すると少ないようですが、それでも他の銀行の30倍近いので、やはり相当な高金利です。

東京スターより利率がやや低いため、上限金額などの条件もゆるくなっています。

■半年~1年なら、東京スター
半年~1年というやや長めの期間で預けるなら、東京スター銀行の金利が一番高くなっています。
半年の場合はじぶん銀行と同じく0.2%、1年の場合は0.3%と、全銀行の中で最高となっています。

ただ、手数料が東京スターはじぶん銀行の2倍なので、それを考慮するとトータルではじぶん銀行の方が有利でしょう。
また、SBIは金利ではじぶん銀行に負けているものの、手数料の安さがやはりダントツなので、トータルで一番有利なのはSBIだと言えます。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る