Global Information site~siruzou

バリ島唯一の日本食スーパー「パパイヤ」に夜9時に人が殺到する理由

14-1-2

おいしくてヘルシーな日本食は世界中で大人気です。

海外著名人もテレビや雑誌で「日本食が大好き!」と公言していますし、アメリカの有名歌手マドンナは日本食しか食べないことでも有名です。

世界的人気のジャパニーズフード

日本食はアメリカやヨーロッパはもちろんのこと、東南アジアでも絶大な人気で、今やブームを超えて”ジャパニーズフード”という一つのジャンルを確立しています。

スポンサーリンク

私の住んでいるインドネシア・バリ島でももちろん日本食は大人気ですが、ローカルの食事と比べれば約3~5倍の値段になります。

人気絶大!スーパー「パパイヤ」

払えないわけじゃないけど一食にそこまでは出せない、でも日本食が食べたい…そんな彼らに絶大な人気なのがバリ島唯一の日本食スーパー「パパイヤ」です。

パパイヤは朝9時から夜10時まで営業しており、ローカルなスーパーでは見つけられないキレイな包装の野菜やお肉、そして日本の調味料や食品を手に入れることができます。

お菓子や雑貨も豊富ですが、やはり輸入価格で約3倍の値段といったところです。

しかし日本さながらのお惣菜コーナーやお弁当のコーナー、さらになんと店内で作られているお寿司コーナーまであり、在住日本人にとってはまさに悲鳴をあげたくなるくらい嬉しいものなんです。

惣菜コーナー

どんぶりも充実

スポンサーリンク

メニューもいろいろな種類のコロッケにチーズハムかつ、牛丼、カツ丼、炊き込みご飯にから揚げ弁当など、デパ地下もびっくりのラインナップ!

いろいろなコロッケ
揚げ物がいっぱい
かつ丼や親子丼
炊き込みご飯
から揚げ弁当

お寿司コーナーには握りや巻き寿司がずらっと並び、日本と同じ光景が広がっています。
お寿司コーナー

狙うは閉店まぎわの廃棄処分セール

ただこれらの商品、値段を見てみるとコロッケで100円弱、お弁当で300円…ローカル食堂にいけばおなかいっぱい食べられる彼らにとっては高嶺の華でしかありません。

しかし毎日夜の9時になるとこれら生鮮食品の廃棄処分セールが始まり、なんとこれらがすべて40%オフで購入することができます。

そのため夜の8時半ともなればパパイヤの駐車場は車もバイクも満車、9時になる前にあらかじめ狙ったものを買い物かごに入れて店内でひたすら30分間時間を潰し、9時になったらみんなレジにダッシュ!

駐車場もいっぱい

インドネシアで車を所有しているのなら富裕層に入り、十分日本食レストランで食事するだけの余裕はあると思うのですが…「お得」や「ディスカウント」が大好きなインドネシア人を垣間見れる瞬間なんですよね。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る