Global Information site~siruzou

外国人は日本人が寿司や刺身や天ぷらを毎日食べると思っている?

15-1-2

世界で日本料理というと「寿司」「刺身」「天ぷら」などが知られていますが、これらを毎日食べる日本人はそう多くないと思います。

普段の食生活といえばカレー、ラーメン、煮物、おひたし、ハンバーグに焼き魚などどれもこれも外国ではあまり知られていないものばかり。

しかし多くの外国人は私たちが寿司をしょっちゅう食べているものだと思っており、「ジャパニーズフード=寿司」くらいに考えているため、ほかの日本料理を披露したところであまり喜んでもらえません。

私は日本人じゃない?

実は私、寿司も刺身もあまり好きではなく食べるのは年に1回程度です。

スポンサーリンク

このことを話すと外国人全員が目を見開き「君は日本人じゃない!」と驚かれてしまうんです。

しかし日本食ならではの”体に優しい味’や”健康志向のヘルシー料理”、”薄味なのにしっかり・ほっこりした味付け”は大好きです。

インドネシア料理は熱帯という土地柄、しっかり火を通して煮込んだものが多く、味付けもこれでもかってくらいコッテコテ、おまけに副食は揚げ物のオンパレードです。

「ワルン・ジュパン」は在住日本人のオアシス

なので優しい味付けの日本食はとってもありがたい存在で、クロボカン刑務所近くにある「ワルン・ジュパン」は在住日本人を含む在住外国人のオアシスのような存在となっているのです。

入り口

緑と陽の光がたっぷりと差し込む入り口を抜けると、すぐにガラスのショーケースがあります。

ショーケース

スポンサーリンク

好きなものを好きなだけオーダーするナシ・チャンプルのスタイルですが、ここのおかずは優しい味付けで日本のお惣菜を思わせるラインナップなのです。

テンペの酢豚風味
根菜の甘酢醤油だれ
豆腐ボールの甘酢あんかけ
豆腐入りトマト煮
キレイな盛り付け

海外では珍しいお水のサービスもあり、お味噌汁の味噌はなんと自家製というこだわり、コロッケはオーダーしてから揚げるのでいつでもサクサクでホクホクです。

コロッケ
味噌汁

何を食べてもとってもおいしく、外国人もみんなリピーターになるおいしさですが、インドネシア人に限っては「味気がない」とあまり喜んでもらえません。

メニューに寿司と天ぷらがないことに落胆し、「味が濃い」「辛い」が旨さの基準である彼らにとって「日本の優しい味付け」は物足りないみたいですね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る