Global Information site~siruzou

ベトナムに古くからある伝統工芸~観光客に人気の刺繍とバッチャン焼

92 ベトナムの伝統工芸は刺繍とバッチャン焼 (1)

ベトナムには古くから伝わる伝統工芸があります。

どれも外国人観光客に人気があり、雑貨ショップではお土産の定番となっています。

ミリ単位で縫う「刺繍」と高級レストランで使われる「バッチャン焼」の食器

ベトナムを代表する伝統工芸は主に2つ。

1つは「刺繍」です。刺繍はミリ単位で縫っていき、ちみつに縫われているほど品質が高く、値段も応じて上がっていきます。

スポンサーリンク

刺繍文化は古くから代々受け継がれており、手先が器用なベトナム人女性だから織り成せる伝統文化とされています。

もう1つは「バッチャン焼」です。ベトナム北部にあるバッチャン村で焼かれた陶磁器のみを指し、現在では全国に流通されています。

職人が年々減少傾向にあることから希少価値が高く、高級レストランでは決まってバッチャン焼が食器に使われています。

刺繍とバッチャン焼をお土産に選ぶ方も多くいるかと思いますが、その際は注意も必要です。

この2つの工芸品は市場や雑貨ショップなど、どこでも見かけることができます。しかし、刺繍は物によって品質に雲泥の差がありますし、バッチャン焼に関しては偽物も多く出回っています。

たくさんの焼物のお皿

刺繍絵画を購入するのもおすすめ

刺繍の正しい選び方は、先に説明したようにちみつに縫われている雑貨を選びましょう。

スポンサーリンク

刺繍はアオザイやバッグ、財布などに施されていますが、市場で売られている大半は素人が作った粗悪品で、すぐに糸がほつれてしまいます。

また、多少値は張りますが、刺繍専門店で刺繍絵画を購入するのもおすすめです。ダラットに本店を構える「アーツ&クラフトセンター」が最も有名で、ベトナム全国に支店があります。

バッチャン焼きは専門店か評判のよいショップで購入

対してバッチャン焼は専門店、もしくは人気のある雑貨ショップで購入しましょう。

旅行者は手にとっても、その陶磁器がバッチャン焼か否かは判断がつきません。お店の人に言われても信用できないかと思いますので、事前にガイドブックなどで評判のあるショップを探すのが利口と言えます。

ホーチミンやハノイには日系の雑貨ショップもありますので、確実に本物を手に取りたい方はそちらも視野にいれることをおすすめします。


▼伝統工芸・バッチャン焼

ハノイ旅行を計画されているのであれば、バッチャン村で直接購入するのもいいでしょう。
スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る