Global Information site~siruzou

ベトナム旅行に上着が必要な理由

サパの子供達

ベトナムは東南アジアインドシナ半島に位置する国です。

南部ホーチミンは熱帯モンスーン気候に属する、いわゆる「常夏」の国です。

平均気温は年間を通して30度以上で、皆さんが思い描いている暖かい東南アジアの気候となっています。

ベトナム旅行で「上着が必要」と言われると、いまいちピンときませんね。では何故ベトナムで上着が必要となるのでしょうか。

常夏なのに、なぜ上着が必要?

まず第一に言えることは、ベトナムは南北に長い国土を持つ国だということです。

北部ハノイに首都を置くベトナムは南部ホーチミン、中部ダナンと観光名所が各エリアに満載です。

スポンサーリンク

しかし日本でも北海道と沖縄で気候がまったく異なるように、ベトナムでもハノイとダナン、ハノイとホーチミンを比べると気候に若干の違いがあります。

ハノイより北部には四季がある?

特にハノイよりさらに北部(中国との国境付近)は四季があるとも言われております。

また、例えば北部ハノイや中南部ダラットには標高の高い山岳高原地帯があります。

ベトナム観光の名物にもなっている少数民族との触れ合いツアーに参加する旅行客も多々いらっしゃることでしょう。

しかしこれらのエリアでは早晩は冷え込み、現地の住民はジャケットやコート、長袖といった格好です。

このように、観光に行くエリアによって上着が必要となるケースがあります。

スポンサーリンク

蚊が多いところ

次にご説明したいのは、ベトナムには「蚊」が多いということです。

中には感染症ウイルスを持っている蚊もいますので、こちらに刺されたら高熱を起こすことになり、旅行どころではありません。

また、スコールが止んだあとは湿気が多くなるため、蚊が大量に発生しやすくなります。

ホテルの客室にも入ってきますので、寝ている間に刺されることもあるでしょう。

つまり、寒さ対策と蚊の対策で上着は必要となると言えます。

旅行の際は寒暖差に注意

また、常夏の気候を持つホーチミンでも時期によっては早晩肌寒く感じることがあります。特に乾期は日中は猛暑ですが、早朝は冷えることがしばしば。

気温の温度差に体調不良を訴える旅行客も多いので、どこへ行くにも上着1枚は常備しておきたいところです。
スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る