Global Information site~siruzou

独身者の平均寿命は既婚者より10年以上も短いってマジですか!?

酔いつぶれる独身女性

「独身者は、既婚者よりも寿命が短い」-そんな調査結果が、国内外で出ています。

ストレスなく自由に生きられるイメージの強い独身生活ですが、実はそうとも言い切れないのかもしれません。

今はまだ若く元気な人も、将来的な健康を考え、前向きに結婚を検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

独身者の平均寿命は既婚者よりも10年以上短いという調査結果

結婚と健康に関する研究としては、古くは1858年にヨーロッパでおこなわれた調査にまでさかのぼれます。イギリス人疫学者のウィリアム・ファーが、フランスの成人男女を「既婚者」「1度も結婚したことのない人」「伴侶と死別した人」の3つのグループに分け、それぞれの死因について分析したのです。

その結果、独身者のほうが既婚者よりも、圧倒的に「病死」する割合が高いことが分かりました。中でも、もっともその傾向が顕著だったのは伴侶と死別したグループだったとのことです。

また既婚者のほうが健康状態は良く、平均寿命も長いという結果が出ました。

このような調査結果は、その後もあらゆる研究者によって導き出されています。たとえばアメリカのルイスビル大学では、約5億人のデータを分析した結果、やはり「独身者のほうが早く死ぬ確率が高い」ことを突き止めました。

具体的には、既婚者と比べて独身男性の寿命は8~17年、独身女性では7~15年も短くなることが分かったのです。

研究にあたったルイスビル大学の教授は、「結婚していたほうが、家庭や社会からサポートを受けやすい」ことが原因ではないかとコメントしています。

結婚したほうが、規則正しい生活が送れる

幼い子供のいる家族
家庭や社会からのサポートとは何か。まず考えられるのは、結婚によって生活が規則正しくなるということです。

独身者は自分だけの都合を考えればいいため、たとえば好きな時間に好きな食事をとることができます。外食やコンビニのお惣菜で済ませても問題ありませんし、また夜更かししても怒る人はいません。
これらは一見すると自由かもしれませんが、健康を保つという意味ではそれほど好ましくないでしょう。

家族がいるからこそ、女性は栄養バランスを考えた食事を自分の手で作ろうとしますし、男性も外食で済ませず家で食べることができます。生活リズムも、特に子どもがいれば自然と早寝早起きになるものです。

家族がいれば、だらしない生活がしにくくなる-これは健康面で大きなメリットだと考えられます。

スポンサーリンク

結婚したほうが、大きな病気を見逃しにくい

いっしょに青汁を飲む夫婦
さらに「体調が悪い時に病院にかかるかどうか」も、独身者と既婚者では事情が異なってきます。

特に男性は、ちょっと具合が悪いだけでは病院にかかりたがらない人が多いものです。しかし妻がいれば、「1度診てもらったら?」とアドバイスを受けることで重い腰を上げる男性も多いでしょう。
実際、妻のすすめで受診した結果、大きな病気が見つかったという男性は少なくありません。

また脳出血や心筋梗塞などで急に倒れた場合、家族がいないと命の危機に直結します。誰にも救急車を呼んでもらえず、1人息絶えてしまう可能性も十分にあるのです。

しかも心筋梗塞などは不摂生の積み重ねによる「生活習慣病」の1つですから、その意味でも食事などが適当になりがちな独身男性は高リスクです。特に最近では、30代で独身生活をしている男性に心筋梗塞が増えており、食生活の乱れが重大な要因であると指摘されています。

結婚したほうが、心のサポートを得られる

ご主人を励ます奥さん
仕事でつらいことがあっても、家族がいることで何とか前を向いていける…結婚生活には、そんな心強さもあります。

もちろんパートナーといがみ合っている場合は逆に家庭がストレスになりますが、そうでない限り、基本的に「家族=自分の味方」です。人生にこういった支えがあるかないかは、何かにつまずいた時に大きな違いとして表れてくるでしょう。

たとえば日本における自殺率は、女性よりも圧倒的に男性のほうに多いことは有名ですが、中でも割合がもっとも高いのが「配偶者と死別した男性」、次いで「生涯未婚の男性」です。
同じく女性でも、独身者の自殺率は既婚者よりもずっと高くなっています。

これは家庭という心のサポートが得られないことのほか、「自分が死んでも困る人はいない」という感覚も大きく関わっていると考えられます。既婚者は「伴侶や子どもが悲しむ」という理由で、自殺を思いとどまれるケースも多いのです。

いつまでも若く元気なわけじゃないから…

確かに結婚したらしたで、別のストレスや制約も出てくることでしょう。しかし若く元気な頃には「1人のほうが気楽」だと思っても、人生はいつでも順風満帆なわけではありません。

栄養を考えて、毎日ご飯を作ってくれる妻。仕事で嫌なことがあっても、癒しを与えてくれる子ども。もちろん女性にとっても、いざという時に頼れる夫がいることは心強いものです。

家族から受けられる恩恵は、いつか自分が人生の窮地に立たされた時にこそようやく実感するのかもしれません。

わずらわしくも、ありがたい「家族」の存在。もちろん結婚しない人生も1つの選択ではありますが、できるだけ健康で長生きしたい人は、結婚に飛び込んでみることをおすすめします。

By 叶恵美

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る