Global Information site~siruzou

女子校に男が入るとモテまくり?~男の永遠のロマンと現実のギャップ

男性の方であれば一度は女子校でかわいい女の子たちに囲まれてみたい…そう考えたことがあるのではないでしょうか?

実は私の出身大学は、つい最近まで女子校でした。私が入学した年から共学になりましたが、女子校としてのイメージが強すぎたため、男の入学者はわずか数名。まさに女子校に数人の男が放り込まれた形になってしまいました。

うらやましいと思ったあなた…女子校の現実はそんなに甘いものではないんです。

男用の設備がほとんどない!

学校の男子トイレ

入学して最初に困ったのが、男用トイレがほとんどないという点です。

スポンサーリンク

女子校ですので当たり前のことですが、まさか一日中ガマンし続けるわけにはいきません。

休憩時間は広い校内にたった2か所しかない元教員専用トイレを探し求めて走ることになります。

また、男子更衣室なんてものもありません。毎回開いた教室で適当に着替えることになります。大学では珍しく、体育が必修科目となっていましたので、週に数回はどこかの空き教室を探して着替えをする必要がありました。

現在ではこの点も改善されているようですが、私が通っていた4年間はずっとこの状態のままでした。

周囲の学生向けアパートはほとんど女性専用

最近、防犯などの面から女性専用となっているアパートも多くなっています。しかし、そのエリアにあるアパートがほとんど女性専用…なんてことはあまりないでしょう。

しかし、私の大学の周辺はまさにそんなエリアとなっていました。少し前まで、そこにあったのは女子校でしたので当たり前といえば当たり前です。

共学になったとはいっても、入学してくる男はまだあまりいませんでしたので、男を迎え入れてくれる学生向けアパートはほとんどありませんでした。

結局、格安のアパートを見つけることができず、私は毎日往復5時間をかけて通学することになってしまいました。

男女の区別がわからなくなってしまう

休日を友人と過ごす

でも女の子にモテモテだったんでしょう?と考えているあなた。全然そんなことはないんです。

そもそもモテる奴というのはどんな環境にいてもモテるんです。女の子がたくさんいる環境にいたからといって、モテない奴は本当にモテないんです。

さらに女の子と一緒に行動するのが当たり前になりすぎ、男女の区別が次第にわからなくなってきますので、さらにモテなくなってしまいます。

次第にこちらも相手を女として認識することがなくなり、また相手もこちらを男として見てくれなくなってしまいます。

スポンサーリンク

ある程度この生活に慣れてくると、飲み会などで終電を逃してしまった時など、当たり前のように女の子の部屋に泊まるようになってしまいます。

男女が一対一で同じ部屋で一晩を過ごす…それでも何も起こりません。適当に無駄話をしてシャワーを浴びて寝るだけ。

それが当たり前となっていましたので、私自身も何の抵抗もなくなっていましたし、周囲の友達も何も思いません。

大学の4年間で何人の女の子と夜を共にしたのか…数えきれませんが、見事なまでに何もありませんでした。

あまりに女友達が多すぎると彼女ができない!

彼女が欲しい…そう考えていました。周りには女の子がたくさんいるにも関わらず、まったく彼女ができませんでした。

私が基本的にモテないという点は否定しません。しかし、大学時代に彼女ができなかった最大の理由は女友達があまりにも多すぎたせいでしょう。ほぼ女子校ですので友達はほとんど女の子でした。

もちろん、一般的な大学生と同じように授業が終われば、ご飯を食べに行ったり、カラオケに行ったり、買い物に行ったりします。友達と一緒に。

つまり常に女の子と一緒に行動していることになりますので、彼女候補を探しに行くなんてできません。男があまりにも少なすぎて合コンさえもできません。

そして、さらに女友達と過ごす時間が長くなり、余計に彼女ができづらくなってしまう。そんな悪循環が続いていました。

女友達の彼氏にいきなり殴られる!

前述のように、当たり前に女の子と一緒に遊び、時には部屋に泊まったりしていると、思いがけないトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

特に仲のいい女友達の部屋に泊まっていたときの話です。飲み会の後に泊まりにいくなんて特に珍しいことではありませんでしたので、私もその友達も完全に部屋でリラックスモードです。

夏場でしたので友達もかなりの薄着…というかキャミソールだけの姿。私はシャツとパンツ姿。別に珍しいことではありませんし、何か起こるなんてことはあり得ないことはお互いによくわかっていました。

しかし、悲劇は突然訪れました。その女友達の彼氏がいきなり部屋にやってきたのです。こんな格好で深夜一つの部屋にいるわけですから…誤解されても仕方ありません。説明する間もなく、私はぶん殴られ、シャツとパンツ姿で部屋から追い出されてしまいました。

荷物も部屋に置きっぱなしですのでそのまま帰ることもできず、部屋の中から聞こえる修羅場サウンドを聞きながら、数時間…ものかげに隠れるしかありませんでした。

いかがでしょう?それでも女子校に潜入してみたいと思いますか?正直もう一度学生生活をやり直せるのであれば、ちゃんとした共学の学校に入りなおしたい…私はそう考えています。

Byチリペッパー眞木

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る