Global Information site~siruzou

Webサイト運営に必要なサーバー環境

Internet Cloud Server concept

Webサイトの運営する上で、まず用意しなくてはいけないのがサーバーです。

ざっくり言うと、コンピューターというハードウェアと各種サーバー用のソフトウェアが必要となります。

それを構築している内容はちょっと複雑で、必要なサーバーの種類としては、Webサーバー・メールサーバー・FTPサーバー・サーバーOS・DNSサーバーなどがあります。
サーバーの環境

スポンサーリンク

①インターネット接続に必要なソフトウェア

基本中の基本のサーバーソフトウエアです。

インターネットを通じてHTMLデータや画像データを、それを見たいというユーザーのパソコンに送信する機能をメインとしています。

よく聞くものとしては、「Apache」や「lls(Microsoft社)」があります。

②メールを利用するために

Webサイトにおいてメール送信をする上で欠かせないソフトウェアは、電子メールを送信するためのSMTPサーバーと、受信したメールを管理するPOP3サーバーなどがあります。

③FTPサーバー

Webサイトのアップダウンをおこなう際に使用するソフトウェアで、FTPクライアントによるデータファイルの送信には、サーバー側にもFTPサーバーが必要となります。

④サーバーOS

パソコンであればWindowsといったOSがあるように、WebサーバーにもOSは必要となります。こちらはサーバーOSと呼ばれています。

よく聞くものとしては、「Windows 2000 Server」や「Windows Server 2003」「Linux」「MacOS X Server」などがあります。

⑤インターネットに接続するためのDNS

インターネットに接続するには、グローバルIPアドレスというアドレスをもっています。たとえるならば、私たちが住んでいる住所のようなものです。

サイトをみるにしても、この住所がどこなのかわからないと見ることができません。このIPアドレスは数字の羅列で大変覚えにくいものとなっています。

ですから、ドメイン名でもわかるように…つまりはIPアドレスとドメイン名を変換してくれるサーバーなのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る