Global Information site~siruzou

WEBサイト向けの文章が見違えるようにうまくなるライティングのコツ

a0003_001808

メール、手紙、報告書、企画書、指導書、etc……。日常の中で文章を書く機会って、意外に多くあります。

どんな文章にしろ、伝えたい意味がしっかり相手に伝わる文章がよい文章だと思います。

読者を意識し媒体に合わせた文章を書くことが大切だと思うのです。

では、WEBサイトという媒体での文章で必要な要素はなんでしょうか。

一言で言えば、WEBサイトに掲載する文章に必要とされるのは、「わかりやすさ」です。

80%の読者がタイトルだけでその記事を読みすすめる

よくWEBメディアの特性を考える時、紙媒体との比較が引き合いに出されます。

スポンサーリンク

新聞や書籍などの紙媒体は、お金を払って読んでいる~すなわち、自分の選んだテキストを読もうと思って読んでいる場合がほとんどです。

一方、WEBメディアの場合は、たまたま検索したら出てきた、たまたまバナーが目に付いたなど、突発的で目的意識が低い場合が多いのです。

WEBメディアでは、80%の読者がタイトルだけでその記事を読み進めるかどうかを決めているとも言われます。

WEBメディアの読者は、読んでみようと思わせる要素が目に入らなければ、それ以上そのサイトに留まることすらないのです。

そこで大事なのは、まずは通りかかった読者の目を惹く要素です。

WEBサイトは通りすがりにチラ見されるメディア

パソコンでタイピング
WEBサイトは、通りすがりにチラ見されるメディアだと言われます。

スポンサーリンク

それは、線路脇の看板のような存在だと言っていいかもしれません。

その前を通りかかり偶然その看板を見たとしても、興味が沸かなければ見ただけで終わってしまいます。

今晩飲みに行こうかなあと漠然と考えている人がいるとします。

その人に、「ここに飲み屋がありますよ」と伝えるだけでは、余りに具体性に欠け興味をひくことができません。

しかし、「安いビールが飲めますよ!」と提示し、更には「珍しい地ビールも揃っています」と追い討ちをかけることができれば、「へえ、どこにあるの?予算はいくら?」と次のアクションへつなげることができるでしょう。

WEBサイトに載せる文章も同じです。わかりやすい見出しをつけ興味をひきつけること、もっと知りたいと思わせることができる文章が必要とされるのです。

そして、興味を持った相手が必要とする情報をわかりやすく伝えること、それが重要なのです。

文章を書く上で忘れてはならないこと

ところで、文章を書いている最中には、ややもすると読み手のことを忘れてしまいがちです。

実際に私は自分に気持ちいい文章を書きやすく、読み返して凹むことがよくあります。

読み手がなにを欲しているかを意識し、しっかりとこちらの意図を伝えられるわかりやすい文章が書けるようになりたいですよね。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る