Global Information site~siruzou

イタリアで大人気の省スペーストイレットペーパー~これ本当にお得?

No6-2-009 01

トイレットペーパーを買おうとして悩んだことは、私は日本ではあまりありません。

柔らかさを気にしたり、紙が1枚なのか2枚重ねかとかを確認したりした覚えはあります。

でもお気に入りの製品があったわけではなく、安いものを適当に選んでいました。

トイレットペーパーを買うときに、スーパーの中で立ち止まって悩むようになったのは、イタリアに来てからのことです。この国にはとても奇妙な製品があります。

日本でふつうに売っている、あの丸い筒のような形をした製品もたしかにありました。でもこのタイプを好んで買う人は多くありません。

スポンサーリンク

一番人気なのは、紙筒を押しつぶして平たくした物です

最初見たときは、どうやってこれをホルダーにセットするのだろうという疑問が浮かびました。中心にある紙の芯まできれいにつぶれているので、トイレットペーパーをひっかける棒も入らないように見えたからです。

No6-2-009 02

イタリア人に話を聞いたところ、このタイプはセットする前に、芯が丸い形になるよう手で形を整えるのだそうです。

私もやってみました。梱包時にしっかりつぶされているので、中心の紙芯まではきれいな円形には戻りません。がんばって整えても、せいぜいこんな感じです。

もとの折れたあとが残って、紙芯は角のあるいびつな円形になってしまいます。

No6-2-009 03

ホルダーにセットしてみたところ、芯のこの角がくせものでした。紙を引っ張ると、ペーパーが回るたびに角が芯棒にひっかかります。

がくがくとした回り方で、力を入れすぎると一気に回転して必要以上に長い紙が出たりもしました。スムーズな回転とはほど遠いのも気になります。

使えなくはないけれどなんだかストレスのたまる商品だなあと、このつぶれタイプを買うたびに私は感じていたものです。丸いタイプはなぜ嫌なのかと、何人かの友人にたずねてみました。こういうときの答えはいつも同じです。

省スペースなうえに経済的な優れモノ?

そういわれても、私は正直あまり納得できません。つぶしたタイプは、確かに1個ずつは省スペース型です。

でもたくさん買って揃えれば、これだってかなりかさばります。そもそも、つぶれタイプは売っているパックが大きいのです。私の家の近くのスーパーでは、こちらの商品がいつも置いてあります。

No6-2-009 04

10個入りでパックの横幅は30cmあります。同じスーパーにある丸型ペーパーのパックは小ぶりで、横幅は22cmでした。

No6-2-009 05

単純に考えると、22cm幅の丸型のパックを買うほうが、家の中でかさばらないで済みます。

スポンサーリンク

でもイタリア人はそうは考えないようです。重ね方を工夫すればいくらでもスペースは小さくできるし、10個ものペーパーをトイレの棚に並べることができるのはすばらしい!

たった4個で22cmも横幅を取る丸型よりも、ずっと効率がいい!というのです。

使っているうちに、つぶれタイプは減るのが早いことに気づきました。2人で使用すると3日ももたないこともあります。丸型に比べ、つぶれタイプは巻いている紙の容量が相当少ないようです。

ボリュームの少ないつぶれタイプと、ぎっしり巻かれた丸型タイプ……結局どちらがお得なのか検証してみました。

こちらのスーパーで扱っている、つぶれた形のトイレットペーパーパックは、10個入りで448円です。それに対して、丸型のパックは4個入りで460円でした。つぶれタイプの方は10個入りなのに、確かに12円だけ安いことになります。

どれくらいの量の紙を巻いているのか知りたくて、重量を量ってみました。丸型タイプは1個あたり190gもあるのに、つぶれタイプは1個あたり70gしかありません。

No6-2-009 06

つぶれタイプの減り方が早く感じたのも当然でした。丸型は4個入りなので、1パックで合計760gのトイレットペーパーが入っていることになります。つぶれ型タイプは10個ですから、1パックに収まっているのは合計700gのペーパーです。

トイレットペーパーの真ん中にある紙芯は、1個10gでした。芯は使わない部分なので、重量からあらかじめ引いておきます。

それぞれのパックから、4個分、10個分の芯の重さを引くと、丸型パックは720g、つぶれ型パックは600gとなりました。これが、それぞれのパックに詰められている、実際に使うトイレットペーパーの重さです。

ここから1gあたりの金額を計算してみます。丸型4個入りだと、紙1gあたり約0.64円なのに対し、押しつぶしタイプ10個入りだと、1gあたり約0.75円になりました。

スペースの問題はともかく、価格についてはどちらのタイプもほとんど差がないことがわかりました。

細かいことをいえば、つぶれタイプの方が0.11円だけ割高なのです。イタリア人はお得で省スペースといって、つぶれたペーパーのことを誉めますが、これはほぼ思い込みです。

つぎつぎと新しい紙をセットしなければいけない分、つぶれ型の方がよりめんどうだとすらいえます。私は最近では、トイレットペーパーは丸型4個入りしか買わなくなりました。

もし日本で押しつぶしタイプが売り出される日が来ても、パックの見かけや価格と個数にだまされないようにしましょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

    • R
    • 2014年 3月 21日

    イタリアでは理由を聞いても
    納得し難い事柄がたくさんありますが、
    こちらに関してはとってもスッキリしました!
    ありがとうございます!!
    参考にさせて頂きます!

    • 知る蔵
    • 2014年 3月 25日

    Rさん
    コメントありがとうございます。
    引き続き「知る蔵」をよろしくお願いいたします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る