Global Information site~siruzou

ホントは音楽で超リラックスの手術室

The healthcare setting

手術と聞くと、何か緊張感に飲みこまれそうな怖いイメージを持つ方も多いと思います。

確かにそこには、体を切っては、臓器を取り出したり、骨をくっつけたりと非現実的な操作があります。

しかしながら、実際に手術室で仕事をしていると、思ったほど非現実的な場所ではないように思います。よくテレビやドラマなどで手術をされている場面を目にしますが、私は正直、違和感があるのです。

それは、けたたましい響くアラーム音やサイレン音など、緊迫した様子が映し出されていることが多いように思うのですが、実際の手術室はもっとリラックスした雰囲気なのです。

スポンサーリンク

手術室で演歌やEXILEの曲が・・・

病院や執刀医の好みによって異なるかもしれませんが、実際の手術前後も手術中も、音楽が流れています。

この音楽の効果は、患者さんが安心して手術に臨めるような工夫でもあれば、安定した状態で麻酔をかけられるというようなメリットがあります。

私は、必ず術前訪問のときに音楽の選択を患者さんに聞きます。

中には、演歌がいいという方もいらっしゃれば、EXILEのようなPOPな音楽を流してほしいという患者さんもいらっしゃいました。もちろん、それらの曲を選曲して、麻酔がかかる直前まで音楽を流しながら、手術へ移行します。

さらに、手術中は執刀医の好みで、クラッシク系の曲もあれば、トランスのような曲を流すこともありますし、とりあえず看護師の好みでという執刀医の方もいらっしゃいます。

スポンサーリンク

やっぱり、手術中は緊張感があるだけに、音楽をかけることによってそのバランスを取っているような気もします。

電メスや手術器械の音しかしない手術とは

ただし、亡くなられた患者さんから臓器を摘出するといった、死体腎摘出術などに関しては、モニターもつけませんし、音楽もかけませんから、このような場合は、電メスの音や手術器械の音しかしません。

手術前後は一礼をして、尊い命から臓器を提供して頂くという丁重な対応をさせていただきます。

このように、手術室では、病棟にないような、見方によっては明るいイメージが私にはあります。といっても、ON/OFFがきっちりしている場所ともいえるでしょう。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る