Global Information site~siruzou

市販薬の最新事情はこうなっている!

専門的な医薬品の分類

薬は、大きく分けて2種類に大別されることを知っていますか?

一つは薬局などで誰もが購入することが出来る一般用医薬品で、もう一つが病院などで処方してもらう医療用医薬品になります。

一般用と医療用の違いは効果の強さ

一般用と医療用の違いは、一言で言うならば効果の強さにあります。

一般用医薬品は、だれでも安心して使えるように、安全性がもっとも重視されていますが、反面、効き目は少々弱めとなっています。

スポンサーリンク

安全性を重視する代わりに効果が高い成分や多くの成分を使うことが出来ないと言うのが実情です。

対して医療用医薬品ですが、その人の病状に合ったものを医師の監督・処方のもとで使うので、効果が大きくなりますが、反面、強い副作用などが現れることもあります。

医師の処方・指示が必要な薬は基本的に医療用として扱われる医薬品ですが、昨今、医薬品を取り巻く環境は実に大きく様変わりしています。

効き目の強いものを購入するときは買う前に確認を

薬局などで見かける一般用医薬品の中に効き目の強い医療用で扱われている医薬品をちらほらと見ることが増えてきています。

テレビなどをみていても、病院で使う薬と成分が同じであると宣伝している商品が見られます。

代表的なものでは、鎮痛剤として使われているロキソニンがあります。

比較的強い鎮痛作用を持った薬で、病院での処方でしか手に入れることが出来なかったものですが、今では薬局でも購入することが出来るようになっています。

ただし、全ての薬局でこういった薬を購入することが可能なわけではありません。

医療用医薬品と同じ成分の薬を取り扱っていない薬局もまだまだ多いのも事実です。

理由としては、そういった薬については薬剤師が常駐し、適切な説明をする事が義務付けられているため、その環境でなければ扱うことが出来ないのです。

比較的強い効果を持った市販薬はスイッチOTCとも呼ばれ、製薬会社は使い方の注意などを書いた小冊子をつくり、消費者にきちんと薬についての説明を周知することになっています。

病院に行くより割高だが・・・

ただ、消費者のニーズは高く、健康保険を使えないので病院で処方してもらうより割高になるにも関わらず、病院に行く時間がない人などが多く買い求めています。

これまで多くの方にスイッチOTC薬について説明してきましたが、ほとんどの方が口をそろえて、病院に行かずして薬が手に入るのはありがたいと言っています。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る