Global Information site~siruzou

点鼻薬にも副作用があります~使い過ぎに注意しましょう

Nasal spray and used tissues. Cold and flu or allergy concept

多くの人が悩まされるアレルギーに花粉症があります。

その症状の緩和に効果があるとされている薬の一つが点鼻薬になります。

使い勝手もよく効果も高いため、花粉症対策に欠かせないと常備している方も多いですが、点鼻薬も医薬品である以上は副作用は必ずありますので、多用してしまうと問題があります。

長期使用は副作用の確率が高くなります

点鼻薬にはいくつか種類があり、病院で処方されるもの、一般薬局で販売されているものとあります。

スポンサーリンク

中でも市販品の点鼻薬には血管収縮剤が入っているものがあり、血管の拡張による鼻粘膜の腫れを抑え込むという仕組みで鼻づまりなどを緩和します。

しかし、血管収縮剤には常習性があるので、頻繁に使っていると薬の効きが悪くなってきて、鼻詰まりをおこすペースが早まることがあります。

薬の効果が切れると、使う前よりも酷い鼻詰まりを起こすことがあり、使用頻度が高くなった場合には副作用の可能性が大です。

血管収縮剤の入った点鼻薬を常用していたと言う方が、効果がなくなって困っていると相談に来られましたが、やはり使用頻度が高く、長期的な常用が原因で体に耐性ができてしまったことが原因であったようです。

別の薬を勧めたところ、症状も落ち着いたと喜んでおられました。

血管収縮剤が入っている点鼻薬の注意点

花粉症で点鼻薬を使う女性
血管収縮剤の恐ろしいところは、使用頻度が高くなれば、それだけ体に負担がかかると言うことです。薬剤を鼻に噴霧する薬ですが、成分は体の中を通って、隅々まで行き渡ります。

最も効果を発揮するのが鼻ですが、その成分は体中の血管に対して効果を発揮することになりますので、使用頻度が高くなれば、それだけ体の中の成分濃度が高くなり、鼻以外で効果が見られるようになります。

最悪、心臓発作などの副作用の可能性もありますので、使用に際しては十分に注意をしなければいけません。

仮に花粉症で点鼻薬を使うのであれば、血管収縮剤の入っていない抗アレルギー剤と抗炎剤が主成分の点鼻薬を使うといいでしょう。

どうしても血管収縮剤が入っている製品を使う場合は、寝る前だけにするなど使用を限定して使うようにすることをおすすめします。
スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る