Global Information site~siruzou

頭痛薬の飲みすぎはとても危険です~偏頭痛持ちの人が注意すべきこと

頭痛に悩む女性

薬局などで気軽に購入することができる頭痛薬ですが、

飲みすぎは危険だと言うことをご存知でしょうか。

頭が痛いと何も考えずに頭痛薬を飲む方は多いですが、その頻度が高くなれば、それだけ薬の成分濃度が高くなり、副作用などの危険性が増すことになります。

特に偏頭痛で悩んでいる方は頻繁に薬を飲むことが多く、それだけ副作用の危険にさらされる可能性が高くなります。
スポンサーリンク

偏頭痛の2つの薬物療法とは

たくさんの頭痛薬
偏頭痛の薬物療法には大きく分けると二つの方法があります。

頭痛発作が出たときに対処する方法(頭痛抑制治療)と、頭痛を出にくくする治療法(頭痛予防治療)の2つになります。

ほとんどの場合、頭痛抑制治療から開始し、症状が強かったり頭痛の回数が多かったりした場合に、頭痛予防治療を追加する形になりますが、その際に痛みのあまり、薬を飲みすぎてしまうというケースが多くあります。

頭痛抑制薬として処方される臭化水素酸エレトリプタン、スマトリプタンは比較的新しい薬で、偏頭痛の痛みを早く改善してくれますが、その効果の高さゆえに薬への依存度が増していき、飲みすぎなどにつながってしまうことになります。

臭化水素酸エレトリプタンは食生活とのかかわりが強い薬品で、特にグレープフルーツジュースには注意が必要です。

グレープフルーツジュースには臭化水素酸エレトリプタンの薬の作用を高める効果があります。

そのため、何気なく飲んだただのフルーツジュースが、薬と合わせることで効果を高めてしまって副作用を引き起こす原因となってしまうわけです。

頭痛の前兆としてあらわれる症状で服用する場合の注意点

前駆症状(病気や発作の前兆としてあらわれる症状)で服用する頭痛薬としては、酒石酸エルゴタミン・無水カフェイン配合剤があります。

これらの薬は用量を超えて服用すると薬物を分解し排泄にかかわる腎臓などの臓器に負担がかかり、その結果としてそれらの臓器を傷めてしまいます。

頭痛のあまりの痛さに苦痛がなくなるなら、どんなことでもできるといっていた患者さんがいましたが、やはり過剰摂取気味で副作用にも悩んでいました。

そんな副作用に苦しみながらも、頭痛を治めるために薬を手放せなくなってしまいますから、頭痛薬の扱いには本当に注意したいものです。
スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る