Global Information site~siruzou

【中国移住】雲南省・大理なら月2万~3万で滞在可能です

世界遺産麗江の市街

中国の物価はもうずいぶん日本に近づいています。

しかし、今でも雲南省などの地方では安く、世界的に有名な観光地の大理でも、月2万~3万円で生活することができます。

私は2012年の夏に1ヶ月滞在しながら、現地でずっと生活している方の話は、いろいろ聞くことができました。

ここでは、雲南省で日本人が長期滞在する方法や、その生活費などを紹介します。

スポンサーリンク

幽霊学生になって、留学ビザを取得する

どの国でもそうですが、数年に渡って滞在するには、就労ビザや留学ビザなどを取る必要があります。
そして、途上国(中国はもう違いますが)は大抵幽霊学生のビザを発行してくれるところがあり、そこで留学ビザをもらえばずっと滞在することができます。

雲南省でもそういう場所があり、現地の人を通じて依頼すれば、ビザを発行してもらえるそうです。
年額1万円~2万円程度と聞きました(2012当時)。
(正確な金額を忘れてしまいましたが、もっと高かったり安かったりしたら確実に覚えているので、この金額で合っていると思います)

長期滞在している日本人は、意外と多い

現地で長期滞在している日本人の方は結構多いです。
お仕事をリタイアされた方などで、何年も住んでいるという方もいますし、20代や30代の若い人で、貯金を使いながら滞在しているという方もいます。

リタイアされた方々は主に日本からもらえる年金で生活をされています。
年金をもらうにもいろいろ書類のやり取りがあり、その関係でよく大使館などにも足を運ばれていたようです。

今、年金をもらっている世代の方でもすでに年金が足りないという話はよく聞きますが、雲南省ならまったくその問題もないようです。
平均より受給額が少ない方であっても、問題なく生活できます。

ネットで稼ぐ方法を身に付けるのがベスト

私が現地で痛感したのは「ネットで稼げると本当に有利」ということです。
年金はずっともらえるのでまだいいですが、貯金はやはり不安です。
ひたすら切り崩すだけですし、日本円の価値が下がる可能性も多々ありますから。

(実際、アベノミクスで日本円の価値は相当落ちました。私も3月からカンボジアに移住するので、これは少し痛いです)

ただ、価値が多少落ちても日本円が有利なのは相変わらずですし、それをネットで稼ぐことができたらやはり有利です。
ネットで稼ぐ方法はアフィリエイトやWEBライターなど色々ありますが、どんな方法でもいいので、現地にいる間、あるいは行く前にそういう技術を身につけるといいでしょう。

■現地で就職はできるのか?

これは基本的に諦めておいた方がいいと思います。
就職するのも至難の業で、したとしても激安のお給料しかもらえないわけですから、労力を考えてもお金を考えても、メリットがありません。

スポンサーリンク

私が現地で知り合った大学生で英語がとても堪能な女の子がいましたが、その女の子でも高いお給料で就職するのは難しいようです。
まして中国語や英語ができない日本人がいっても、現地でできることはたかが知れているでしょう。

もちろん、私の想像もつかない発想や行動力でいい仕事を見つけられる人もいるかも知れませんし、それができたら素晴らしいと思います。
ただ、それができるのはごく一部の人だけで、多くの人はネットでお給料をいただけるお仕事を探す方が合理的です。

稼ぎやすいということは、それだけ誰かの役にも立ちやすい、ということです。誰かの役に立っているからお金をいただけるということを、お金の話が嫌いな方は、もっと意識してもいいかと思います)

住む場所はゲストハウスで大丈夫

アパートなどは借りなくても大丈夫です。
長期滞在している方のほとんどはゲストハウスに住んでいます。
(アパートを借りるのは難しいですし、借りた方がむしろ高いということも多いようです)

ゲストハウスは、トイレ、シャワー、テレビ、ネット(Wi-Fi)、テーブル、クローゼットなど一通りの家具や設備がそろって、月1万円程度です。
2012年前半の円高だった時期の話で、今は少し高くなっていると思います。
しかし、それでも日本の常識からしたら激安であることには変わりありません。

■60円でバイキングも食べられる

気になるのは食費ですが、これもかなり安いです。
大理には仏教徒の施設がありましたが、そこに行くと60円で精進料理のバイキングを食べられます。

精進料理というとまずいイメージがあるかも知れませんが、中国だとむしろその方が美味しいです。
というのは、普段の食事の味付けが濃いので、薄くした精進料理がちょうど、日本人の味覚に合うのです(少なくとも私は合いました)。

基本野菜がほとんどですが、大豆料理もたくさんあるので、タンパク質もちゃんと摂れます。
一人暮らしをしていて不足するのはタンパク質よりもビタミンなので、このあたりも体にい食事だと言えるでしょう。

バイキング以外の食事だと、肉まんは日本のコンビニサイズのもので15円でした。
お湯で煮たとうもろこしは一本50円、ラーメンなどの中華料理全般、50円~90円(それ一つでも1食終えられる量)という感じでした。
食費は1日300円あれば十分なので、1ヶ月1万円で大丈夫です。
家賃の1万円と合わせて、2万+αでやっていけるでしょう。


雲南省(大理)への移住、滞在の情報はこのような感じです。
中国移住に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る