Global Information site~siruzou

スペインのトマト祭りのあってもなくてもどうでもいいルールとは?

21-2-007 03

スペイン旅行のハイシーズンといえば、やはり夏です。情熱の国というだけあって、夏のスペインには多くの見所があります。

そんな夏のスペイン観光で絶対に外すことのできないイベントがあります。それが「トマト祭り」です。今や世界的にもっとも有名なお祭りの一つとなっていますので、トマト祭りの名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

そんな「トマト祭り」にあなたも参加してみませんか?

スポンサーリンク

スペインといえばやっぱり夏

さんさんと照りつける太陽! 
抜けるように真っ青な空! 
異常に安いキンキンのビール!

もちろん、陽気なスペイン人も夏が大好き!スペイン人は夏になると、どうやら、うずうずして何かしたくなってしまうようです(笑)。そのおかげで、夏にはスペイン各地で大規模なオモシロイベントやオモシロ祭りが開催されるのです!もちろんその多くは日本人も参加できますよ!

中でも、『トマト祭り』は世界的にもとても有名で人気の高いお祭りです。日本のメディアが取り上げることも少なくありません。

トマト祭りって実際にはどんなもの?

21-2-007 02
最近ではメディアなどで取り上げられることが多いトマト祭りですが、実際なんのお祭りなの?と思ってしまう方も少なくないでしょう。トマト祭りはスペイン語では「トマティーナ」といいます。

トマト祭りの基本的な内容は、トラックで運ばれてくる大量のトマトを

投げる!
浴びる!!
ぶつける!!!

以上です。
ただ、それだけです。

勝ち負けやどこかに向けて投げなければいけないといったルールは存在しません。
強いて言うなら、最もトマトに溺れてトマト祭りを楽しんだ方が勝者といえるかもしれませんね(笑)

トマト祭りは、1940年代に始まったらしいのですが、実際その起源ははっきりしていません。隣人と喧嘩してトマトを投げ合ったら楽しかったから、そのままお祭りになったという説も大真面目に存在するくらいに曖昧です。

とはいえ、当のスペイン人たちが起源などまったく気にしていないので、難しいことを考えずにとりあえずお祭りを楽しむことだけ考えましょう。

スポンサーリンク

トマト祭りに明確なルールはありませんが、日程だけは毎年8月の最終水曜日ときっちりと決められています。

日本のお祭りは土日や祝日に行われることが多いですが、スペインを初めとしたヨーロッパでは8月はバケーション期間なので、平日に祭りを開催しても十分に集客することができるのです。

スペインのどこで開催されているの?

21-2-007 01
さて、そんなトマティーナですが、一体どこで開催されるお祭りかご存じですか?実は、トマト祭りはバルセロナやマドリードのような大都市で行われる祭りではなく、とても小さい街で行われるお祭りなのです。

トマト祭りが行われる街の名前は、ブニョール。はっきり言ってトマティーナ以外でこの街の名前を聞くことはほぼないでしょう。ブニョールはトマト祭りの1日以外は非常にのほほんとした田舎町です。

ブニョールは、地理的にはスペイン第三の都市であるバレンシアの近くに位置しています。近くとはいえ、鈍行列車でたっぷり一時間はかかる土地ですが(笑)
もちろん、特急も急行も止まりませんので、鈍行列車でトロトロ行くしかない片田舎です。

ブニョールの人口は9000人程度です。一見多いようにも感じますが(?)トマト祭り以外の時にこの街を訪れると、人に会うことすら難しいと言われています。

そんな普段は人にあうことさえ難しい街、ブニョールにトマティーナの1日だけは世界中からなんと約40000人の観光客が詰めかけるのです!!

それも、お祭りのメイン会場はなんとたった一本のストリートのみ。参加人数を聞いただけでも、会場が「えらいこと」になるのは容易に想像がつきますね。

ルールはあるにはありますが…誰も守ってくれません

21-2-007 04

先ほどトマト祭りにルールはないと言いましたが、実は半分ウソです。いくつかのルールはあるのですが、あってないようなものです。トマト祭りが始まったら誰も守りません。

とりあえず一応ツッコミを入れつつ紹介させていただきます。

・ルールその1

トマトを投げる場合は、痛くないようにつぶしてから投げる。

トマトはトラックからスタッフが供給してくれるのですが、そのスタッフがトマトを一切つぶさないで観客に向かってぶん投げてきます。スタッフが投げたトマトでケガする観客も少なくありません。

スタッフが守らないルールを一体誰が守るんだ・・・。

・ルールその2

人の服を破いてはいけない。特に女性の服を破いてはいけない。

ふむ。重要なルールですね。しかし・・・自分から脱ぐな。
トマト祭りでテンションが上がりすぎたヨーロッパの女性が会場で上半身裸になってしまうことがあります。
自分から脱いでしまう人がいては服を破るなって言ってもどうしようもありません。

・ルールその3

トマト祭りの時間以外は絶対にトマトを投げてはならない。

唯一、このルールは一応守られています。危険を回避するためのルールですからこれくらいは守らなければなりません。

しかし、コレはルールっていうか常識ですよね!?祭りでもなんでもない時に、街でトマトを投げるような方はあまりいないでしょう・・・。

トマト祭り公式のルールは以上です。これだけのゆるーいルールで世界的なイベントが運営されています。

ちなみに、ゴーグルの着用が推奨されています。公式にゴーグルをつけなければならないというルールはありませんが、恐らく会場で一番守られているルールです。うーん。推奨程度のルールが一番守られているってのもすごい話ですね(笑)

ゴーグルはブニョールの出店で大量に売られているので現地調達できます。まぁ、クオリティに関してはお察しですが。

さて、これでトマト祭りの基礎知識は理解できましたね?

皆さんとにかく滅茶苦茶なお祭りであることを理解できたと思います。それで十分です。基礎知識なんていらないかもしれませんね(笑)。まぁ滅茶苦茶なまつりだからこそ、滅茶苦茶に楽しんじゃえ!というのが結論でしょうか。
21-2-007 05

By たきゅ佐々木

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る