Global Information site~siruzou

コンテンツの重要性を理解しないウェブコンサルタント泣かせな人たち

笑顔のビジネスマンとOL

インターネット上には無数の情報がありますが、Yahoo!やGoogleがどうやってその情報を表示しているのか気になったことはありませんか?

例えば「短期間でできるダイエット」について調べたいと思う場合、「ダイエット」だけよりも「ダイエット すぐに」と入力すればより求めていた情報に辿りやすくなりますよね。

検索エンジンが情報を探す技術は年々向上していますが、その中で最も基礎となるのは「コンテンツ」が充実したウェブサイトであり、サイト構築の際やリニューアールの場合も「コンテンツに始まってコンテンツに終わる」というほど重要なものなのです。

スポンサーリンク

サイトの中身の量と質を強化せよ!

コンテンツとは英語のcontentからきており、「中に入っているもの」「中身」のことを指します。

ウェブサイトコンテンツといえば文章や画像データなどウェブページの中身そのものであり、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンは良質なコンテンツがたっぷり詰まっているウェブサイトを”ユーザーが求めている情報である”と認識して検索結果の上位に表示されるよう働いてくれるんですね。

ウェブコンサルティング会社はクライアントのウェブサイト構造やアクセス解析をして改善点を探します。順位が低いウェブサイトの場合はコンテンツの量が不十分であったり質が良くない場合がほとんどですので、まずはここを強化する提案を伝えます。

「検索結果1位にしてよ」好き放題のリクエストにうんざり

しかしここで困るのが、自社ウェブサイトに過剰な誇りを持って意見を聞き入れない人達。

ウェブサイトはデザイン重視、コンテンツは全て画像データ、こんなにいいウェブサイトなのに訪問者も少なく売上も上がらない。

こんなときには「自己満足ではなく、検索に引っかかるために訪問者の役立つコンテンツ(情報)を提供してあげるんですよ」をやんわり説明しますが、「すぐに結果が欲しい」「それはできない」「前年の2倍の売上が欲しい」などなど好き放題リクエストします。

はい、そのためにはまずはコンテンツを…と提案するのですが、中には「うちのサイト、かっこいいだろう?これを検索結果の1位にしてよ」なんていうお偉いさんもいますのでほんと困っちゃうんですよねぇ。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る