Global Information site~siruzou

大人になったら一本は欲しい~一生ものの腕時計をどうやって探す?

腕時計を見るビジネスマン

最近では携帯電話で時間を確認してしまう人が多くなったことから、腕時計を持たない人が多くなってきているようです。

しかし、仕事中に携帯を取り出して時間を確認するのマナー違反だと捉えられてしまうこともあります。

なので、腕時計が必要となる場面は少なくないでしょう。ある程度の年齢になってくると、スーツや靴にもこだわることがマナーの一つになってきます。

もちろん、それなりの腕時計を一本持っていれば、良いスーツ、靴などにも合わせやすくなってくるでしょう。

大人になったら、一本は一生ものの腕時計探しをしてみませんか?

スポンサーリンク

クォーツと機械式、どちらを選ぶ?

腕時計は二種類に分類されます。一つはゼンマイ式の機械式時計、そしてもう一つは電池で動くクォーツ時計です。

それぞれに魅力がありますので、好きな方を選んでみましょう。

まず、機械式時計にも大きく分けて二種類のものがあります。

一つは竜頭を定期的に巻き上げて使用する手巻き式、そしてもう一つは手の動きを利用してローターを巻き上げる自動巻き式です。

自動巻きであれば、巻忘れによって止まってしまうことを防ぐことができます。

ですが、可動部品が多くなることによって、故障が多くなったり、メンテナンスの費用が非常に高くなってしまうというデメリットがあります。

手巻き式であっても、一度フルに巻き上げれば一週間以上も可動し続けるものなどもありますので、それほど不便ではないでしょう。

それに対してクォーツ式は電池で動きますので、定期的に巻き上げる必要はありません。その代わり、数年に一度電池交換をしなければなりません。

また、クォーツ時計の持つ最大のメリットはその時間の正確さでしょう。機械式の場合、どんなに高級なものであっても、一日に数秒はずれてしまいます。

それに対してクォーツの場合、一か月、一年に数秒程度しか狂わないものも存在しています。

近年では、電波によって常に正確な時間を受信し、正確な時間をいつまでも刻み続ける電波時計なども登場しています。

このようなそれぞれのメリットを知った上で、自分に合ったものを選んでみましょう。

定番のブランドで選んでみる

機械式とクォーツの特徴を知ったら、今度は有名ブランドの持つ特徴をある程度把握しておきましょう。

日本で特に人気の高い腕時計ブランドと言えば、やはり『ロレックス』『オメガ』『タグホイヤー』などになるかと思います。

しかし、同じ腕時計専門の高級ブランドであっても、それぞれに異なった特徴があります。

スポンサーリンク

ロレックスであれば、宝飾時計からシンプルなスポーツモデルまで幅広いモデルを揃えていますが、スポーツモデルを得意とするオメガ、タグホイヤーには宝飾計時計はほとんど存在しません。

なので、自分の欲しいスタイルの時計を得意とするブランドをある程度把握しておくのも大切なことです。

一般の時計店は見ることのできない超高級時計の世界

日本国内で高級時計と言えば、前述の3ブランドが特に有名です。しかし、これらのブランドは本当の意味での高級時計とは呼ぶことができないのをご存じでしょうか?

腕時計の世界にはさらなる高級ブランドが多く存在しています。

その中でも代表的なのが、スイスの『パテックフィリップ』や『ランゲ&ゾーネ』でしょう。

これらのブランドの腕時計を新品で購入するとなると、数百万円から数千万円は用意しなければ選ぶことはできないと言われています。

もちろん、一般の時計店では見ることすらできないものです。このクラスになれば、一生ものを超えて、何代にもわたって使い続けることのできる一本になるかと思います。

また、これらの超高級時計は価値が下がってしまうことがほとんどありませんので、投資目的で購入するという人も少なくありません。

国産時計もあなどれない

海外ブランドの時計ばかりを紹介してきましたが、日本国内にも優れた腕時計メーカーが存在しています。

その代表となるのが、『セイコー』『シチズン』『カシオ』『オリエント』の四天王でしょう。

特にセイコーは世界的にも高い評価を受けており、海外でもその名は広く知れ渡っています。

これらのブランドは低価格帯のモデルまで販売していますので、そのブランド名に高級感はあまりなく、ステータス性は低くなってしまいがちです。

しかし、良い時計は見る人が見ればわかります。そして、知らない人に対しても嫌味ではありませんので、幅広いシーンで活躍してくれることでしょう。

もちろん、品質も世界でもトップレベルを誇っていますので、時計としての性能は申し分ないものです。

もちろん、国内メーカーですので、アフターケアも安心して受けることができるというメリットも持っています。

こうしてある程度の知識を持った上で時計店に足を運んでみると、ただの時間を知るための道具にしか見えなかった腕時計がとても魅力的に見えてくるのではないでしょうか?

良い腕時計であれば、一生涯にわたって共に時を刻み、重ねて行く相棒となってくれます。

高額なものであっても、一生付き合って行くことのできるものと考えればそれほど高くは感じないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る