Global Information site~siruzou

ラーメン激戦区目黒で私がこの店をオススメする理由

a0006_001707

いまやひとつの食文化として認知されている「ラーメン」。取材を多数受けるような行列店はもちろん、各地域のご当地B級グルメとして人々の胃袋をあたためてくれています。

繁華街では競争率も激しく、ひとつの区画に何店もの専門店が並ぶのも珍しくはありませんよね。

今回は都内でも有数のラーメン激戦区と目される「目黒」の麺事情を調べ、勝手に自分好みにランキングしてみました。

スポンサーリンク

いまや美味くて当たり前の時代

TVや雑誌など多くのメディアで定期的に特集が組まれ、非常に注目度の高い料理となっています。20年前にくらべれば専門店も増えてきており、味も格段にレベルアップしてきています。

もちろん人によって味覚は違いますから「コッテリしたやつが好き」「昔ながらの醤油がイイ」「とにかく量を食べたい!」といろいろとあるでしょう。

どのラーメンが絶対に最高に強烈にウマイ!なんて断言することはもちろん不可能です。

しかし「店としてのこだわり」「しっかりとした仕事がされている」といったことを感じられるものであればたとえ味の好みが違っても「美味しい」と思えるものですよね。

この街に異常に多い理由とは?

目黒は新宿や池袋、荻窪などと並ぶラーメン激戦区です。駅から500m圏内程度で私の知る限りでは有名店や古くからある個人経営を含めて数十店舗ものお店が存在しています。

なぜここまでラーメン屋が多いのか?その理由はいくつかあります。まず第一に行き来する人の数の多さ。

目黒駅は山手線他4路線が乗り入れる大きな駅です。バスターミナルもあり渋谷や六本木などにも行きやすく通勤の要として機能しています。

大ざっぱに計算して1日に60~70万人が往来しているわけで、飲食店が多く立ち並ぶのもとうぜんのことといえるでしょう。

目黒の交差点

▲目黒通りと山手通りの交差点

第二に交通量の多さが挙げられます。この地域は目黒通り(環状6号線)と山手通り(312号線)といった大きな道路が交差しています。

一般的に「環七は有名ラーメン店が多い」と言われていますが、主要地方道である環六もまた多くの名店がひしめいている通りです。

タクシードライバーの食事処として発展し、口コミなどから有名になったお店も少なくありません。

312号線は港区の白金台から世田谷までを結ぶ都道。やはり交通量が多く、特に権之助坂は上りと下りそれぞれ3車線ずつ配されているほどです。

人通りも多く、昔ながらの名店とされる飲食店が多く立ち並んでいます。もちろんラーメン専門店も数多く、駅から目黒川に下るまでに10店舗以上も存在しているのです。

絶対にウマイかはわからないけど、お勧めしたい店はある!

「数多くあるラーメン専門店の中でどこが一番うまいのか?」ハッキリいってそれを決めるのはとてつもなく大変なことです。

規模の大小、知名度の高低、味の方向性などそれぞれまったく違いますし、人それぞれの好みもあるため「絶対的にうまい店」というのは正直決めようがないといえます。

しかし「人に勧めたいお店」というのなら話は別です。私個人の好みでお答えできますし、口に合う合わないは実食してみてから判断いただければいいわけですからね。

というわけで、「筆者が独断で選ぶオススメのコッテリ系以外のラーメン屋」を2店舗ご紹介していきます。

「ノスタルジックな本格派『支那ソバ かづ屋』」

あっさり系が好きという人には絶対にお勧めしたいお店がここです。1989年にオープンし20年以上地域に愛されてきたかづ屋。

大鳥神社から数十メートル、山手通りに面したところに立っています。

かづ屋

▲2012年に移転し店舗外観は綺麗です

名店「たんたん亭」で修業されたご主人が作る担担麺は旨辛系ラーメンの代表ともいえる美味さ。

看板メニューはワンタンメンで、ツルツルした皮にジューシーなタネの味わいは思わずホッペが落ちるほど。スープの味わいは昔ながらのあっさり系です。

スポンサーリンク

しっかりとした処理されて雑味は無く、鶏ガラや豚骨の強い旨味と煮干しや節の香りが絶妙にマッチしています。自家製の中細ストレート麺で頂くあっさり上品な「職人技のラーメン」。

昨今のコッテリ系ブームに乗りきれない方にはぜひお勧めのお店です。

支那ソバ

▲基本の支那ソバ。スープがとても綺麗です。

担担麺

▲担担麺は辛いながらも濃厚でシャンツァイのアクセントが美味

「バラエティ豊かで餃子がデカすぎな『椿華亭』」

「どんなラーメンを食べたらいいかわからない」と言う人はこのお店がお勧めです。中華・アジアン居酒屋の「万豚記」などを運営する際コーポレーションのプロデュース店。

元々『どくろ印』という店名で激辛ラーメンをウリにしていましたが、椿華亭と名前を変えてより一般的に入りやすいお店になりました。正直言って前の店の時は辛すぎてスープは飲みきれませんでしたからね……。

さて、ラーメンの特徴を一言で言うなら「バラエティが豊か」。季節メニューを含めると10数種類の麺料理を選択できます。

さらに餃子や各種炒め物などサイドメニューが充実していて月に何度通っても飽きることなく楽しむことができます。

そんな豊富なメニューの中でオススメなのが大餃子。普通の餃子の2倍くらいある大きさで食べごたえは十分すぎるほど。

餃子

▲餃子がデカすぎてウマイ

アツアツの肉汁がたっぷりと詰まっていて「食べるとき気をつけてくださいね」なんて店員さんが声をかけてくれます。一口食べると「ボタボタッ!」と音を立てて汁がこぼれます。

私が実食した時は、同席していた女性の服にまで肉汁が飛んでしまいました・・・。それくらいジューシーということでしょう。

餃子ばかりに話が飛びましたが、ラーメンももちろん絶品。スープは動物系とたっぷりの煮干しが煮込まれた真面目系。そこにメニューによってまるごと海老やチャーシュー、角煮、などいろいろな具材が入ってきます。

その日の好みによって食べたい具材を「おかず感覚」で選べるので楽しめます。もちろん味も確かなのでぜひ一度お試しください。

No0045 06

▲ここのラーメンはとにかくビールが合う

目黒にはまだまだ有名店や隠れた名店が数多く存在しています。普通の人では見つけられないような「マニアックなお店」であったり、一度食べたらヤミツキな「中毒性のあるお店」もあるんです。

機会があればまたご紹介していきたいと思います。それでは良いラーメン人生を。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る