Global Information site~siruzou

浮気を黙認すると大変なことに・・・

a0002_006956

配偶者の浮気はご自身に対する大きな裏切り行為であり、また家族の心を傷つけると共に将来設計も台無しにする許しがたい行為です。

しかし、家庭の状況や夫婦の関係によってはそれを黙認するケースもあります。なぜ裏切りに対して口をつぐんでしまうのか、これにはそれぞれの家庭により様々な事情があります。

まだ愛情があり別れたくない、子供のことを考えて経済的に不安があることから別れたくない、それを口にすれば配偶者から暴力を受けてしまう、などのケースが挙げられます。

本気になってしまいそして失踪・・・

カップル後ろ姿
たしかに浮気とは文字通り浮ついた気持ちですので、その後家族の元に戻ってきてくれればそれでも良いのかもしれないのですが、必ずしもそうなるとは限らず、浮気を黙認しつづけるとより大きなリスクを抱える事になるのです。

そもそも一度でも浮いた気持ちというのはその後再び家族の元に戻るというケースは多い訳ではなく、やがては浮気が本気になり家族を捨ててしまうというリスクがあるのです。

特に失踪という形で配偶者が消えた場合には財産を全て持っていかれてしまう可能性が高く、離婚をしようにも居場所が分からず離婚届を作成できなくなるという事もありますので、この場合はもっとも最悪なケースだといえます。

最悪なケースは暴力に発展することも

また配偶者の不倫に対して離婚を拒み続けると、離婚を強要するために暴力を行うこともあります。

書類に判子を押させるために殴る蹴るの暴力がエスカレートしたり包丁などの刃物を持ち出す事案もありますので、こうなるともはやリスクどころの話ではなく刑事事件に発展してしまう恐れもあるのです。

いずれのケースにおいてもこちら側の黙認という対応に大きな問題があったことに加えて、積極的に解決に動かず対応が遅きに失してしまったことも問題であるといえます。

まだ先のことについて考えが及ばない段階でもまずは探偵事務所に調査を依頼して証拠を確保しておき、ご自身に害が及ばないように弁護士に相談して将来のことについて前向きに解決していきましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る