Global Information site~siruzou

定番のフォー以外にもたくさんあるベトナムの麺類

52 フォー以外にも麺類はたくさん (1)

ベトナムの定番料理と言えば、おそらく多くの方は「フォー」を想像するのではないでしょうか。

フォーは米粉麺で、あっさりとしたスープに豚肉や牛肉を具として載せて、刻みネギを添えた料理です。

ヘルシー料理の代表ともなっていて、事実屋台やレストランでは決まってメニューにあります。

ベトナム人にとっては庶民派料理であり、日本のそばよりももっと身近な存在です。

しかし、ベトナム旅行のガイドブックを見ていると、どこもフォーが大々的に紹介されていて、いまいち面白みに欠けます。

ベトナム料理にはフォー以外にもたくさんの麺料理があるので、そちらも試食してほしいところです。

スポンサーリンク

どれもおいしい「ブン」・「フー・ティウ」・「ミークワン」

「ブン」の料理

例えば「ブン」。フォーよりちぢれている麺で、お店によってスープの味付けが大分変わります。

お値段も安いのでベトナム人の間ではフォーよりも定番の料理となっています。

中部フエ料理には「ブン・ボー・フエ」という丸い太麺の料理があります。

牛コツの濃い目の味付けとなっているので、どちらかと言うと男性におすすめです。

続いて「フー・ティウ」。

一見するとフォーに似ていますが、固めの麺を使っています。

骨付き肉が具としてのっていることが多く、昼食に食堂で食べている現地人をよく見かけます。

麺料理の中では筆者はこれが一番のおすすめです。
スポンサーリンク

そして、「ミークワン」。

中部、中南部発祥と言われている、平たいきし麺風の料理です。

スープは少ないのですが、その分濃いのでよくかき混ぜて麺に染みこませてから口に運びます。

ブンボーフエやミークワンといった地方料理は、ハノイやホーチミンでも気軽に食べることができます。

ブンボーフエはフエレストランで、ミークワンは食堂を探すのが近道です。

お店によって違う麺のコシ、歯ごたえ、長さ、スープのダシ

麺料理の魅力は飽きないところです。その理由の1つとして挙げられるのが、お店によって味付けが異なるということです。


▼ベトナム料理(ブンチャージョー)そうめんの揚げ春巻きのせ

日本のラーメンと同様、麺のコシ、歯ごたえ、長さはお店によって異なりますし、スープもダシの取り方から具材までお店ごとに特徴があります。

清潔な門構えのレストランが常に美味しいわけでもなく、自分の舌に合った麺料理は案外屋台など身近なところにあるかもしれません。
スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る