Global Information site~siruzou

ベトナムの治安は東南アジアでもダントツに良いという意外な事実

41 治安の良さは東南アジアでも抜群 (1)

ベトナムの治安についてどのようなイメージがありますか?

日本は世界から見てもトップクラスに治安はいいかと思います。

そんな日本に住んでいる日本人から見ると、ベトナムなどの東南アジアはちょっと怖く、治安において不安がある地域として思っている方もいるでしょう。

スポンサーリンク

治安は夜女性が一人歩きできるレベル

ベトナムの町中の様子

確かに東南アジアは所得格差が激しいためスリやひったくり、置き引きなどは日常茶飯事ですし、外国人旅行者が被害に遭うケースは少なくありません。

ここベトナムにおいてもそのような事件は同様に多発しており、大使館や領事館も日本人旅行者に対して注意喚起を行っていいます。

しかし、実はそれ以外の事件性のあるような事件というのは実は少ないのです。

例えばベトナムの銃の年間発砲件数は日本と同じ水準なのです。

よく治安の良し悪しの基準として例えられるのが「夜の女性の一人歩きが可能かどうか」ですが、ベトナムはこの水準もクリアしています。

首都ハノイや南部ホーチミンでは夜遅くまで働く女性も多いですし、遊びに夜道を歩くお一人様の女性も度々見かけることができます。

この点だけを見ても、いかにベトナムの治安がいいかを理解できると思います。

スポンサーリンク

唯一治安の悪いホーチミンのファングーラオ界隈

ただし、こちらも日本と同様ですが、ベトナムでも治安の悪いエリアというのも存在します。それがホーチミンではファングーラオ界隈となります。

バックパッカーの聖地として人気がありますが、その一方世界中から多国籍、多人種の人々が集まりますので、当然治安は悪くなります。

マリファナ、ドラッグ、賭博などはいくら警察が規制を厳しくしてもいたちごっこですし、それを求めにやってくるバックパッカーもいます。

ベトナムでは麻薬の類は法律でかなり厳しく律しています。警察に拘束されたら罰金だけでは済みません。国外退去、新聞掲載、最悪懲役刑に服することにもなります。

麻薬の量によっては死刑も実際執行されているほど刑は厳しいので、興味本位でも手を出してはいけません。


ただし、先ほども説明した通り、ベトナムは東南アジアの中では唯一といっていいほど治安に恵まれています。

女性の夜歩きが問題なく、お年寄りの方や一人旅にもおすすめの国となります。

危険なエリアには立ち寄らなければ被害に遭うこともないので、異国の地で開放的になってしまうとは言え、自重することは大切と言えるでしょう。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る