Global Information site~siruzou

実はとっても大切!お薬手帳の役割

薬とお薬手帳を渡す薬剤師

持病などで長期的な服用を続けている薬がある、

比較的頻繁に薬を飲むことがあると言った方も中にはいます。

特に高齢者になれば、体のあちこちがガタが来ると言う事もあり、特に内臓疾患などの可能性も高まります。

普段飲んでいる薬をしっかりと把握しているのであれば問題はありませんが、日常的に服用しているわけではなく、体調不良などで頻繁に飲むことがあるといった程度の場合、前回飲んだ薬を忘れてしまうと言う事も少なくはありません。

そんなときにはお薬手帳の存在が役に立ちます。

スポンサーリンク

安全に使用するために記録する大切な手帳

お薬手帳とは、今までに調剤されたお薬の名前や飲む量、服用回数などの記録を残し、安全にお薬を使用するための手帳です。

入院時にどんな薬を飲んでいたのか、退院の際に処方された薬はどんなものかと言うものを一目で分かるようにしたもので、病院を受診した時や薬局でお薬を受け取る際に、医師や薬剤師にお薬手帳をみせることで、同じ成分のお薬の重複や飲み合わせが良くないお薬、過去に副作用が起きたお薬の処方を避けることができます。

また、薬剤師や医師、看護師と言った医療従事者でない限りは、飲んだ薬がどういったものであるのかなどの説明が出来ないことも多く、ほとんどの場合、どんな病気で処方された薬と言った程度の説明になる事が多くあります。

以前の職場でも、飲んでいる薬を伺った際、薬の名前ではなく、病名を教えられたため、その病気に対して処方される可能性のある薬をピックアップするなど苦労をしたものです。

スポンサーリンク

外出時の急な事故や病気にも役立つ

045553外出時の急な事故や、旅先で病気になってしまった時にお薬手帳を携帯していれば、現地の病院へ搬送された際にも役に立ちます。

地元での怪我や病気であった場合には、かかりつけの病院へ行けばいいだけですが、旅先となるとそういうわけには行きません。

自分の状況を理解している医師は全くいない状態ですから、お薬手帳を出すだけで、医師は自分の状況を理解し、適切な処置をしてくれることになります。
スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る