Global Information site~siruzou

ベトナムのビーチリゾート~ブンタウってどんなところ?

72 ベトナムの熱海、ブンタウとは (1)

ホーチミンから南東方面に約100キロ進んだところに位置しているのが、ブンタウと呼ばれるビーチリゾートです。

リゾートと言うと大袈裟ですが、庶民派海水浴場としてホーチミンに住むベトナム人に人気があります。

一昔前までは観光客もあまり寄りつかない田舎でしたが、近年は都市開発が進み、インフラ整備、ホテル建設なども整ってきたため、現在では外国人観光客が気軽に行けるビーチスポットとなっています。

ホーチミンからバスで2時間、フェリーで約90分

アクセス方法は主にバスかフェリーとなります。バスだと2時間程度。

スポンサーリンク

ただし、ローカルバスに慣れない方にとっては、その2時間も苦痛になりかねませんので、フェリーを選ぶのが無難でしょう。

フェリーだと1区のトンドゥックタン通り(サイゴン川沿い)から出航しており、約90分ほどで到着します。


▼ブンタウの風景

おすすめは、海水浴と名所巡り

マリア像
ブンタウの楽しみ方としては主に2つ。1つ目は海水浴です。透き通る綺麗な海とはいきませんが、東南アジアという異国の地で、現地の人たちと一緒に海水浴をするのもいい思い出となるでしょう。

ブンタウのビーチはいくつかございますが、その中でも人気が高いのがバックビーチです。
スポンサーリンク

浜辺では魚介を売っている屋台が多数あり、海老やイカ、魚や貝などをその場で網焼きして食べることができます。

2つ目の楽しみ方は名所巡りです。ブンタウの名物と言えばアジアで最大規模のマリア像です。

かなりの数の石段を上がるので、それなりの体力が必要ですが、ブンタウの象徴とも言えるマリア像は一見の価値があります。

また、仏教寺院も幾つかありますので、釈迦大仏を参拝してもいいでしょう。

ナイトマーケットや新鮮な魚介類を食べたりして楽しめます

数年前まではブンタウの夜は通り沿いに屋台が並んで、活気溢れるナイトマーケットが存在しました。しかし、2012年に取り締まりが行われ、一つの敷地に屋台が集められました。

ナイトマーケットを楽しみたい方は、シクロやタクシーで案内してもらいましょう。

ブンタウではホーチミンでは食べられないような新鮮な魚介類を食べることができます。午前の早い時間から行けば、日帰りで楽しむこともできます。

ホーチミン滞在中、時間に余裕があればおすすめしたいスポットです。
スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る