Global Information site~siruzou

歯磨きのポイント~食後すぐに磨くのはダメ!重曹うがいが効果的です

歯磨きをする女性

この記事では、歯磨きについて「まだ常識になっていないけど、重要なポイント」をまとめます。

最初に箇条書きにすると、

1)歯磨きは、食後すぐにしてはいけない
2)うがいだけは、すぐにした方がいい
3)特に、重曹水のうがいは効果的
4)フロスだけでなく歯間ブラシも使う
(歯間ブラシは、全体では通らなくても根っこなら通る)

となります。個別に説明していきます。

スポンサーリンク

なぜ、食後すぐに歯磨きをしてはいけないのか?

飲食をすると、口の中が酸性になります。

酸性になると、歯のエナメル質が軽く溶けてしまいます。

その状態で歯磨きをするとエナメル質が痛んで、虫歯になりやすいわけです。

なので、「酸性から中性になって」、エナメル質が固まるまで待つ必要があるんですね。

この固まる作業のことを「再石灰化」といいます。

再石灰化が完全に終わるまでは数時間かかると言われていますが、数時間食べかすをそのままにしておくのもマイナスなので「1時間程度」で磨くのがベストというわけです。


でも、水でのうがいだけはすぐにする

水でのうがいはすぐにした方がいいです。

理由は「それだけでも中性に近づく」からです。

それと「うがいだったら、エナメル質は傷つかない」からです。

また、大きな食べかすはうがいだけでも落とすことができます。

なので、これだけでも「時間を置くことのマイナス」はだいぶ軽減できるので、食べたらできるだけ早くうがいをした方がいいでしょう。

重曹水でのうがいが一番いい

最近、「重曹水でのうがいが一番いい」ということが盛んに言われるようになりました。

まだ定説にはなっていませんが、多くの人の反応を見ている限り、間違いなさそうです。
(私も半年ほどやっていますが、確かにいいです)

重曹水がいい理由は「アルカリ性だから」です。

「口の中が酸性だとNG」→「だったら、アルカリ性をぶつけよう」というわけですね。

理論的には、それで間違いなく中性になるはずです。

少なくとも、ただ放置しておくだけよりは、相当早く中性になるはずです。


重曹水うがいだけで、虫歯も治った?

ある歯医者さんの報告で「初期虫歯が、重曹うがいだけで治った」というものがあります。

その歯医者さんの理論によれば、「虫歯は虫歯菌が原因ではなく、歯という金属が起こす金属反応」ということです。

なので、その金属反応さえアルカリの働きによって正しくしてしまえば、初期虫歯なら治る、ということだそうです。

「初期虫歯は自然治癒で治る」ということは、一応昔から言われてきたことです。

スポンサーリンク

その歯医者さんの報告した例は「さらにもう少し進行した虫歯」だったようですが、普通の自然治癒でも軽い虫歯が治るなら、もう少し上の虫歯が重曹うがいで治るというのも、間違いではないかも知れません。

虫歯が治った症例については、下のページを見てみてください。
(Facebookの「いいね!」が2639回ついている、重曹うがいが流行るきっかけとなったページの一つです)
「重曹水」で虫歯が治った症例

デンタルフロスだけでなく、歯間ブラシも併用する

フロスを使っている人は多いと思いますが、歯間ブラシは使っていない、ということも多いと思います。

両者の違いを知らない人も意外と多いので、簡単に説明します。↓

・フロス…糸ようじ
・歯間ブラシ…「小人のタワシ」のようなもの

両方共「歯と歯の隙間」に入れるものですが、目的がやや違っていて、

・フロス…隙間を全体的に磨く(しかし、根っこの部分は手を出せない)
・歯間ブラシ…「隙間の根っこ部分」にたまった汚れを取れる(全体だと、ブラシが引っかかって、通らない)

ということです。


歯間ブラシの使い方でよくある間違い

「歯間ブラシ、使ってみたけど通らなかった」という人も多いでしょう。

私もその一人で「こんなの、歯がスカスカのお年寄り用だろ?」と思ったものです。

しかし、それは「全体に通そうとした」からなんですね。

歯と歯の隙間は、上の方はかなりしっかり詰まっていますが、根っこ部分はほんの少し隙間があります。

歯茎が健康な人でも、極細の歯間ブラシであれば入るはずなので、そこに挿入して前後にギコギコやって退散する、というのが歯間ブラシの使い方なのです。
(それより上の部分は、フロスにまかせます)

これをすると、「フロスや歯ブラシでは出血しなかった」という人でも、結構出血することがあります。

これは「歯茎に悪い血が溜まっていた」ということであり、これが流れるのはいいことです。

続けているうちに、歯間ブラシを使っても出血しなくなります。

指導してくれた歯医者さんが言うには、理想的な歯磨きというのは、こういうものだそうです。
(私は結構サボってしまうので、今でもたまにうっすらと出血していますが。笑)

まとめ

最後にもう一度要点をまとめると、

1)歯磨きは、食後すぐにしてはいけない
2)うがいだけは、すぐにした方がいい
3)特に、重曹水のうがいは効果的
4)フロスだけでなく歯間ブラシも使う

となります。理想的な歯を手に入れるため、ぜひ参考にしてみてください。

                        006

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る