Global Information site~siruzou

知っておくと便利!Web制作に便利なツール

Designing a website or application. Flat style vector  design

Webサイトの制作…というと、なにやら大掛かりなもののような感じがしますが、意外と簡単に作ることができます。

パソコンとテキストエディタ、そして画像編集ソフトがあればOKなのです。

とはいえ、複雑な仕様のサイトともなるとこれだけでは無理ですが…。

Web制作において必要な専門アプリケーションにはさまざまなものがあります。

ただやはり、みんなが共通して同じアプリケーションを使用しなければ作業ができないことからも、使うソフトは決まってしまっています。

では、制作現場で一般的となっている便利なツールとはどんなものがあるのでしょうか?

画像を最適化・HTMLをコーディングする

画像を最適化したりHTMLをコーディングすることはWeb制作の基本作業ですが、これらの作業を効率よくやるために現場でよく使われているツールを紹介します。

画像製作ソフト

素材をWeb上で見られるように最適化するためのソフトです。

写真などの画像加工には「Adobe Photoshop」が一般的となっていますが、これはWebページ全体のデザインや画像作りにも使えます。

ボタン画像や線画などのイラスト制作には「Adobe Illustrator」です。

この両者をサポートできるソフトとしてあるのが、「Macromedia Fireworks」です。

Web制作ソフト

HTMLをコーディングするための必要不可欠なソフトウェアです。

コーディング作業には、HTMLが記述できるものであればテキストエディタでも問題なくできます。

とはいえ、あまり融通がきかない上にできる作業の範囲も狭められるてしまいます。

また作業に時間がかかりすぎるということもからも、仕事として使うには非効率というデメリットがあります。

そのデメリットを解消するために、「Macromedia Dreamweaver」などのコーディング作業に特化した機能を持つソフトが使われています。

スタイルシートを記述・データをサーバーにアップロード

画像の加工やコーディング作業のあとに待ち構えているのが、スタイルシートの記述やサーバーへのアップロードです。

それらの作業においてよく使われるツールには以下のようなものがあります。

CSS制作支援ツール

スタイルシートは、Web制作においては重要なものです。

テキストエディタや「Dreamweaver」のような専用ソフトでも記述することはできますが、「Top Style Lite」などのスタイルシートを記述するための専用ツールもあります。

これらのソフトをうまく併用して使うことで、効率も上がります。

データ送信ツール

制作したデータをサーバーにアップロードするには、Windowsでは「FFFTP」が、Macintoshでは「Fetch」が定番となっています。

これらのソフトは、ネット上からダウンロードして無料で入手することができます。

これらの専用アプリケーションは、Webの制作現場では当たり前のように使用されています。

Web制作の仕事をするのであれば、これらのアプリケーションのマスターは絶対ともいえるのです。

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る