Global Information site~siruzou

WEBサイトのコンテンツ作りは要点を絞ってよりシンプルに

勉強

評判が良い言われるコンテンツ記事の基準の一つとして、WEBサイトに掲載するテキストは回りくどくなく単刀直入なものが良いとよく言われます。

なぜならWEBサイトの閲覧者は新聞や書籍に比べて流し読みをする方が多く、また閲覧する時間が書籍や新聞と比べてとても短いからです。

一般の方はWEBサイトを見た時に直感的に興味を覚えなければスクロールして文章を読むことはまずありません。

では興味を持ってもらえるようコンテンツを作成する際に、何を意識しながら文章を作っていけばいいのでしょうか?

ひとつのコンテンツに要素を盛り込み過ぎはダメ

「話が立体交差するよね」学生の頃、よくそう言われました。私は文章をまとめるのが下手で、特に主題が二転三転してしまいがちなのです。

WEBサイト制作の仕事についた現在も、この問題は相変わらず影を落としています。

スポンサーリンク

「この単語の説明も入れたほうがいいよね」「とりあえずこれも書いておけばわかりやすいかも」丁寧にしようという気持ちが空回りし、かえって解りにくい文章になってしまうという事がままあります。

結局、ひとつの記事に要素を盛り込み過ぎてしまい、かえってわかりにくくなってしまうのです。

話があちらこちらへとぶれてしまうため、要点が絞れない陳腐な文章になってしまうのです。

丁寧に説明しようといくら思っていたとしても、これでは本末転倒です……。

内容にブレがないことが重要

覚えておかなければいけない注意事項として、WEBサイトのコンテンツを書く時には「あれも、これも」と詰め込んでしまう事は特に危険な考え方になると思います。

スポンサーリンク

WEBサイトの文章は基本的にシンプルで解りやすく、読みやすさが大切とされるからです。

その上でターゲットとなる閲覧者の心に何らかのアンカーをさせる要素になっているのが良いと言われています。

閲覧者に画面を上から下へ次から次へと読み進めてもらうためには、やはり伝えたい内容にブレがないことが重要です。

まとめ

まず何を伝えたいのかをはっきりと意識することが大切だと思います。

そして次に、複数ある要素をきちんと順番立てて提示していくのか、整理してから書き出すとよいと思います。

文章の上手い人の書く文章は無駄がないなどとよく言われます。言い換えれば、要点をひとつに絞り必要なことを順序立てて書いてあるということなのでしょう。

閲覧者の関心を常に惹きつけながら次々とテキストを追わせ、伝えたい内容をしっかりと伝えることができる文章を書きたいですね。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る