Global Information site~siruzou

ペットは一般廃棄物ですか?家族だからこそ考えたいペットの葬祭

犬の葬儀

大切な家族の一員であるペットが亡くなったとき、あなたならどう送りだしますか?わたしはペット葬祭業者に依頼して見送っています。

死んでしまえばゴミと一緒という人には驚きを禁じ得ませんが、いまの社会では廃棄物あつかいなのも事実です。生きている間だけでなく、亡くなってからも大切にあつかいたい。その思いをとおすならペット葬祭しかありません。

昔は野山や庭に埋葬する人も多かった

野山が身近だった昔なら、愛玩動物の亡骸は裏山などに埋葬することも少なくありませんでした。ですが、開発が進んだ現在では、適当な土地を見つけられない人がほとんどでしょう。

できれば、家族の身近なところで眠らせてやりたいとは思うものの、それは難しいことなのです。

スポンサーリンク

小さな動物の飼育ができるマンションやアパートに住んでいる人ですと、そもそも庭すらないのですからどこかへ頼むしかありません。

ペットも亡くなると一般廃棄物あつかいになる

一般的には住んでいる自治体の施設へ持ち込むという解決方法があります。しかし、ほとんどの自治体では特別なあつかいをしてくれません。なぜなら、家庭で飼育している動物の遺体は基本的には一般廃棄物だからです。

動物についても人間と同じ死後処理が行われるのが普通という社会にならない限り、ゴミあつかいは続くようです。

道路の上で命を終えた野良が役所の車に回収されて行くのもかわいそうな光景ですが、家族のように大切だったペットであっても、あつかいとしてはたいした違いがないのです。

最近はある程度の対応をする自治体もあります

自治体によって亡くなった家庭動物を持ち込む手続きには差があります。たとえば、役所へ処理手続きに出向いて手数料を支払い、別途指定施設へ遺体を搬入するという手順があります。一方、直接施設へ持ち込む自治体もあります。

持ち込む先も廃棄物を意識してしまう環境センターや清掃工場などのゴミ焼却施設が多いです。ただ、最近では気持ちの問題に配慮してか、ペット専用の焼却炉を用意する自治体も存在します。

また、自治体が運営する人間用の火葬場で受け入れているところもあります。これならゴミという感覚が和らぎますね。それでも、受付で渡したらそこまでで、あとは数がまとまってから人知れず職員が火葬する程度です。

まれに骨あげまで対応している自治体がありますが、少数派ですし市民でない場合は高額の利用料がかかる場合もあります。

スポンサーリンク

希望に添えるのは葬祭業者という結論

自治体頼りではぜいぜい火葬ができるだけです。たしかに市民であれば手数料は安いですが、骨を拾うどころかいつ火葬されたのもわからないのが実情です。ましてや、葬儀や供養となると完全に対応外です。

ペット葬祭業者なら、荼毘にふすところから納骨や周年供養などニーズに適したところも見つけやすいです。遠くて出向くのが無理というケースでも移動火葬車を装備している業者の営業エリア内なら自宅まできてくれます。

お寺さんからお坊さんを呼んでの読経供養サービスや、定例の慰霊祭をやっている業者もあります。催しもののない日でも自由にお参りできるところならなおよいです。

お墓から納骨堂まで自分のスタイルで選べます

骨あげの後、自宅で供養する人もいますが、最近ではお墓をつくる人も増えています。

自社の敷地内に動物霊園のような区画を持っているところでは墓石の手配も容易でしょう。また、お寺の一角で動物墓地を運営しているところもできています。

お墓までは必要ないが、供養する場所は必要だという人には納骨堂という選択肢もあります。一区画の契約時にちょっとした一時金を支払い、その後は定額の維持管理料を支払うカタチなら負担も大きくはないでしょう。

悪徳業者がペット葬祭の普及を妨げている

良いところばかりをご紹介してきましたが、注意したいのはここ数年問題になっている悪徳業者の存在です。

「騙されたら…」と思うと使う決断ができないという人も多いですね。業界そのものを縛る法令もなく、監督官庁が存在しないのが盲点になっています。

動物の葬祭は未経験の人がほとんどですから、どこが悪徳なのかを見抜くのは難しいといえます。せめてホームページくらいはちゃんとしたものを作っているところを選びましょう。ただ、それでも安心はできません。

一番確実なのは口コミで、確かな知り合いに紹介してもらうのが最善策ですね。また、可能であれば事前に事業所をのぞいてみるのも良いでしょう。

悪い奴らをのさばらせていると、選択の幅がなくなってしまいますから、行政の動きにも期待するところです。

さて、考えてみればペットの供養をするのは人間の自己満足には違いないでしょうが、それだけ大事な存在だったわけです。ですから、お墓でも納骨堂でも、そこに行けば会えるという場所があるのは心の安らぎにつながります。

どんな処置をしたかよりも、弔う心の方が重要だとの意見もあります。それは間違いのないことですが、それだけでは気持ちが済まないのも人情です。

生きている人間ができるだけ後悔のないようにする。それがペット葬祭を利用する意味かもしれませんね。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る