Global Information site~siruzou

まるで猛獣?!家ネコと山ネコのハイブリッド「ベンガル」

No0247 06

猫好きなら1度はヒョウやジャガーなど猫科の猛獣を飼ってみたいと思ったことがあるはず。ワイルドな顔立ち、野性的な本能、でも時々やんちゃなところをみせるのが可愛い!そんなあなたのために、猛獣に近い特別な猫をご紹介します。

スポンサーリンク

野生の血が流れる可愛い猛獣

ベンガルは、ベンガル山猫と家ネコの交配で生まれた猫です。その子供を第1世代と呼びます。第2世代、第3世代と繁殖を続け、現在ブリーダーや家庭に渡っているのが第4世代です。

性質や毛色が良い物を繁殖させています。ワイルドな外見と家ネコらしい人懐っこさや飼いやすさを兼ねそろえた猛獣・・・よりちょっと可愛いイエネコです。猫好きなら第1世代に興味があるかもしれませんが、気性が強くペットには向かないようです。

値段は5万円から30万とピンキリ!

私が飼っている子は、1歳を迎えてしまったのでペットショップで5万円でした。子猫であれば10万前後からお店で扱っているようです。ここ数年ではペットショップで見かけることが多くなり、比較的手に入りやすい環境です。

ブリーダーが繁殖させたペットショー向けのベンガルはさらに高額です。正確な相場は出ていませんが、以前ブリーダーに問い合わせた時は30万円を提示されました。その分、柄が美しくまさにちっちゃいヒョウ!5万円のベンガルと比べると明らかです。

ヒョウ柄の毛並みと輝く黄金の毛

1番の特徴といえば柄。ヒョウ柄が強く出ているタイプは非常に美しい。コントラストがハッキリ出ているほど、ヒョウやジャガーの子供か?と思うほどです。ヒョウ柄のスポッテッドと、マーブル柄(渦巻状)があります。色は大きく分けて3種類。ブラウンタビー、スノータビー、シルバー&スモークタビーです。

そして、美しさをより際立たせるのが「グリッター」と呼ばれる「キラキラと輝く金色の毛」です。これは遺伝によって元々ある子と、もっていない子がいます。光があたると金色の毛が輝き、つやつやした毛並みに見えます。

ワイルドな顔立ちをアメリカンショートヘアーと比較

No0247 04

ここからは我が家にいるベンガルとアメリカンショートヘアーの違いについて写真を交えて見ていきましょう。

No0247 05

まず横顔をみると、ベンガルは鼻が長くおうとつがハッキリしています。

No0247 02

アメリカンショートヘアーは、ぺちゃっと短く丸みがあります。

No0247 10

正面では、ベンガルは逆三角形の顔立ちをしていて、鼻の幅があります。ここに野生動物の特徴が出ていますね。耳も大きく広いです。

No0247 03

アメリカンショートヘアーはパーツが中心に寄っていて若干丸っこいです。

No0247 09

ベンガルは胴や四肢が長くスマートな体型です。

No0247 01

アメリカンショートヘアーは、ずんぐりしていて重みを感じます。

スポンサーリンク

ベンガルは野性的な印象があり、アメリカンショートヘアーは可愛いと感じる要素が強く、同じ猫好きでも好みが分かれるところですね。

私の妹は猫好きですが、ベンガルのことを顔がとんがっていて気持ちが悪いと連発します。イラっと来て、子を持つ親の気分がわかった瞬間でした。

飼いたい!と思ってもちょっと待って!!

ベンガルは飼育環境が限られてくる猫です。あなたの家で飼えそうかまずチェックをしてみましょう。

1・ 大きい声で鳴きます。

頻繁に鳴き声でコミュニケーションを取りたがります。普通の猫よりは鳴く頻度も多く、飼い主を呼ぶときの声が本当に大きい!甘えん坊で寂しがり屋の場合は、飼い主が出かけてひとりぼっちになると、大きい声で鳴き飼い主を探します。私の子も毎回鳴きますし、外から声が聞えるほどです。

2・ とにかく運動量が多い。

No0247 07

上下運動も走り回るのも大好き!起きている間はほとんどジッとしていません。キャットタワーが必須です。遊んで欲しい時、遊び足りない時は自己主張をしてきます。それが鳴き声だったり、しつこく頭を擦り付けてきたり、しまいには噛んできたり様々です。

3・ 水遊び大好き!子猫は注意。

No0247 13

猫は水遊びが苦手ですが、ベンガルは水遊びが大好き。お風呂の水を溜めていたりすると遊んでいるうちに誤って落ちてしまう事も。うっかりトイレのドアを閉め忘れた時には、便器の水で遊び、トイレのまわりがびっしょびしょになった事があります。

日中に仕事で留守が多い場合は、飼い主が帰って来た時に猛烈にアピールをしてきます。そこでしっかりかまってあげられないと、猫にストレスが溜まり体調不良になるかもしれません。

私の子はツメ切りが大っ嫌いです。抱え込んでも力が強いためすぐ逃げられますし、反対にツメや牙で傷だらけになります。仕方なく病院へ毎回ツメ切りに通っています。

非常に野性味あふれて美しい猫ですが、それだけで安易に買うと後悔されるでしょう。

小さなヒョウやジャガーを家族にしましょう!

猛獣の血を引いていながらも、人懐っこくて甘えん坊。猫らしくツンツンすることもあり、最高にキュートなデレデレモードの時もあります。最初は普通の猫との違いに戸惑うかもしれませんが、慣れてくればきっと良き家族となってくれるでしょう。

あなたの家にも小さな猛獣、ベンガルを向かい入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る