Global Information site~siruzou

いざ離婚!確実に慰謝料をもらうために

a0002_006852

離婚をするための話し合いでは双方の主張が様々入り乱れることになるのですが、その中でも必ずといっていいほど揉めるのが金銭の問題です。

とくに慰謝料はその後の生活を支えるための重要な資金となり、とりわけ主婦の方の場合はすぐに仕事に就くことができませんので少しでも多くお金を得たいという事があるのですが、慰謝料は必ず取れるものなのでしょうか。

スポンサーリンク

必ずしも夫が妻に支払うべきものではない

この点について様々な方のお話しを聞いてみると勘違いをしているケースが非常に多く、どのような理由であれ離婚に至った場合は働きに出ている夫が妻に支払うものと考えているケースが多く見受けられるのです。

そもそもこの慰謝料とは損害賠償において被害者に与えた精神的な苦痛に対してその賠償として支払われるお金の事を指しており、簡単に言えば加害者が被害者に対して支払う金銭となるのです。

原因を作った側に支払いの義務

これを離婚にあてはめると、離婚原因を作った側に対して請求するべきものとなりますので、浮気をしたり暴力を振るうなど離婚の原因を作った側が被害者となった配偶者より請求されることになるのです。

たしかにこのあたりの離婚原因は男性側に非がある場合が多いので、男性が女性に支払うという図式はある意味当たっているともいえます。

スポンサーリンク

しかし必ずしもその通りになるわけではなく女性側が離婚の原因を作ってしまった場合には請求することはできないのです。

つまり離婚に至れば必ず取れるかといえばそうしたことは決してなく、むしろこちら側に問題があれば逆に請求され取られてしまうことになりますので、くれぐれも離婚原因を作らないよう気をつけたいところだといえます。

慰謝料の相場は200万前後

また浮気や不倫によりどれくらいの金額が取れるのかという点についてですが、個々のケースで状況が異なるため一概には言いにくい部分もあります。

ですが裁判の判決で認められた金額では最低でも50万円ほどからの支払いとなり、およそ200万円が実際の支払額としてはもっとも多いと言われています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る