Global Information site~siruzou

カテゴリー:プロデザイナーのひとり言

WEBデザインの幅を広げるためのコツ~まずはお手本サイト探しから

Responsive Design Apps

長くWEB制作を続けていると、WEBデザインにどうしても偏りが出てきます。 これも個性のうちなどと思いもしますが、それでもやはり自分の引き出しの少なさに悲しくなる時があります。

詳細を見る

cssが反映されずにレイアウトが崩れた時の3つのチェックポイント

Man hand on desktop computer keyboard with comic boom screen monitor

WEBサイト制作をしていると、htmlを書き上げていざブラウザチェックをしてみたらデザインがガタガタになっていた!という状況にわりとよく出会います。 そんな時こそ落ち着いて、htmlとcssをゆっくりチェックしてみることが大切です。

詳細を見る

WEBサイトのコンテンツ作りは要点を絞ってよりシンプルに

勉強

評判が良い言われるコンテンツ記事の基準の一つとして、WEBサイトに掲載するテキストは回りくどくなく単刀直入なものが良いとよく言われます。

詳細を見る

WEBサイトの作成時はターゲットを知る~英語スクールのサイト事例

二重円と矢

WEBサイトを新しく作る時、必ずはっきりさせておかなければいけない要素があります。 それは誰に観てもらいたいか?というターゲットをハッキリと理解しておく事です。

詳細を見る

使いやすいWEBサイトにするための知恵~ページの移動をスムーズに

Modern digital media website connection abstract scheme

WEBサイトを閲覧していて不便だなと感じる事のひとつに、ページの移動がスムーズにできないという事があります。 先日扱ったサイトの使い勝手で、気になった点があったのでご紹介していきます。

詳細を見る

Photoshopに慣れた人でも意外に知らない3つの圧縮モードの使い分け

photoshop_027

Photoshopは画像の様々な加工ができるソフトです。 中でも拡大・縮小は、最もよく使われる機能の一つであり基本操作の一つです。

詳細を見る

WEBサイトで思わずクリックしたくなるバナーを作るコツ

??????????????????????????????????

広告としてWEBサイトを彩るバナー。 クリックしてもらってなんぼのバナーは、注意をひきつけることが大切です。見た人が一瞬で意味を理解できること、見たい人の要求を刺激することで、バナーの広告効果はより高くなると言われます。

詳細を見る

WEBサイトの第一印象は配色で決まります~失敗しない配色のコツ

waterfall of colored bobbles

WEBサイトの印象を決めるものはなんでしょうか? テキスト、画像など様々な要因があると思いますが、なんといっても一番大きな印象を与えるのは配色だと思います。

詳細を見る

WEBサイトは内容とビジュアルをマッチングさせることがポイント

Multimedia background. Composed of many images

WEBサイトのビジュアルを取り扱う際に注意しておかなければいけない事があります。 例えば「娘からお母さんへのプレゼント。」 「秋の行楽シーズン。

詳細を見る

フォントひとつでWEBデザインのイメージは変わる

itgazou20

PCを使ってデザインをしていると、よくフォントという言葉を耳にします。 本来はフォントと書体は別々のものを指すそうですが、ここではデザインの現場で一般的に使われているように、フォント=書体として扱っていきたいと思います。

詳細を見る

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

ページ上部へ戻る