Global Information site~siruzou

利益率97%の成功例も -駐車場経営の収支・ケーススタディ

コインパーキング

駐車場経営も、代表的な不動産投資の一つです。

この記事では、具体的な収支の金額も出しながら、駐車場経営の実例を紹介します。

スポンサーリンク

利益率90%超のケースも

まず、駐車場でどれだけの利益が出るかですが、高収益物件では「97%」という驚異的な利益率も報告されています。

月の売上が30万だったとしたら、コストが2万円ということです。

もちろん、これは「月単位」で見た場合の利益率です。

駐車場はランニングコスト(維持費)が小さく、初期投資が大きいビジネスですから、月々の収支だけを見て判断するわけにはいきません。

土地の購入から始めた場合の実例

匿名の実例ですが、とても参考になるデータを紹介します。箇条書きすると、

・大阪府
・9台のコインパーキング
・土地購入、アスファルト舗装、機械設置
・合計約7000万円

ということです。このケースで月々の収支は、

・売上…40万円
・管理費…3万円

ということです。上で紹介した「97%」というのは、この方の実例です。

■全額回収に約16年

このケースの場合、毎月37万円の利益が出ているので、これを初期投資の回収に当てたとしたら、約16年(正確には15年10ヶ月)で回収できます。

これを「早い」と思うか「遅い」と思うかは人それぞれでしょう。不動産の世界ではこれはかなりいい数字です。

逆に言えば、「97%」という高利益率の物件ですらこれだけ回収期間が必要ということです。

「土地購入から始める駐車場経営」は、相当な余裕資金がある方のための投資といえるでしょう。(多くの投資は残念ながらそういうものなのですが)

*なお、このケースは利回りでいうと「年率6.3%」になります。「利息が高い」と話題になっているカンボジアの定期預金と同程度の利率です。初期投資が大きいので回収期間こそ長いですが、利回りは相当いいケースなのです。

土地を借りた場合の実例

上のケースは「土地も自分で買う」というものでしたが「土地は借りる」という場合どうでしょう。

スポンサーリンク

これも詳しい実例があったので紹介します。まず箇条書きすると、

・大阪府
・コインパーキング(5台分)
・郊外
・機械設置、アスファルト舗装
・総額…約253万円(推定)

という初期投資です。月々の収支は、

・売上…約22万円
・コスト…約8万7000円
・利益…13万3000円
・利益率…60.4%

となっています。初期投資の総額は出ていなかったのですが、「19ヶ月で回収できる」と書かれていたので、「月の利益×19ヶ月」で計算しています。

土地の購入から始めて、しかも9台分というそこそこの規模の場合、回収に15年かかるわけですが、土地が賃貸で5台分であれば、「1年7ヶ月」で回収できるわけです。

もちろん、土地から自分で購入した方が、回収が終わった後の利益は大きくなります。つまるところ「ハイリスク・ハイリターン」ということなのですが、多くの方にとっては、後者の方が現実的な気もします。

コインパーキングで有利な立地は?

コインパーキングで有利な立地は、下のようなものです。

・オフィス街
営業マンの車などが頻繁に駐車します。オフィス街は当然町中にあるので、駐車の値段もある程度高くできます。

・パチンコ屋の近く
筆者もパチンコ屋で勤務していたことがあるのでわかりますが、パチンコ屋のお客さんは車の使用率が高いです(都市部は別ですが)。

理由は「遠くても当たる店まで行きたい」からです。

筆者がバイトしていたお店は愛知県の東部にあり、よく当たるとそこそこ評判のお店(といってもそんなに有名ではない)でしたが、それでも名古屋など、愛知の西部から車で1時間かけて来る、というお客さんがたくさんいました。
(近所の人に会いたくない、という理由もあるようです)

遠くから来るお客さんは、短時間で帰ることをしません。

もともとパチンコ屋というのは、現実を忘れて長時間入り浸るために使われることが多いので、お客さんの滞在時間が長いのです。

駐車場で利益を出す場合「お客さんの使用率」も重要ですが「長時間駐車してくれる」ということも重要です。

パチンコ屋はその両方の要素を満たしていると言っていいでしょう。

(ただ、パチンコ屋のコインパーキングというのはかなり大規模なので、よほどのレベルの方でなければ、個人での投資はできないかも知れません。投資信託なら絡めると思います)

・飲食店街
郊外の大きな飲食店であれば、駐車場も大きなものがありますが、ある程度密集している飲食店街の場合、駐車場がないケースがほとんどです。

パチンコ屋同様、そのような場所をうまく見つけて先に出資できるかが難しいところです。(ただ、人が口を揃えて難しいという状況では、何かしら斬新な成功法が隠れている、というのも事実です)

以上、駐車場投資の実例などをまとめてみました。参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る