Global Information site~siruzou

世界一危険な国境の街フアレス~マフィアの抗争で数万人の市民が犠牲に

アイキャッチ 01

私が半年暮らしたアメリカとメキシコの国境の街シウダフアレス、現在では世界でもっとも危険な街の一つとして有名になっています。

アメリカとメキシコの国境の街はいくつかあります。日本人に一番知られているのはカリフォルニア州サンディエゴと接しているティフアナでしょう。今両国の抱える問題は以前のような密入国だけではありません。

02

スポンサーリンク

あの有名なチワワ犬の原産地チワワ州シウダフアレスのもう一つの顔~ドラッグの街

03

▲橋を渡ればそこはメキシコ、歩いても渡れます

私はこの街に半年間暮らした経験があります。その当時は今ほど麻薬抗争は酷くはありませんでした。

とは言ってもやはり国境と切り離せないのがドラッグ問題と密入国です。やはり夜ともなるとプラっと一杯飲みに一人で行ける場所ではありません。私自身は夜は一人では出歩かないようにしていました。

04

それでも悪い人ばかりが住んでいるわけではありません。ごく一部の人たちのせいで街そのもののイメージが一気に悪くなってしまいました。

特にここ数年はマフィア同士の抗争が激しく、銃撃戦は日常的に起こっています。そのせいでまったく関係のない一般市民が数万人も、尊い命を絶たれています。

今でも私の友人はここにいますが、メキシコ人でさえ身の危険を感じてアメリカ側の街「エルパソ」(テキサス州です)に移り住んでいます。あのかわいいチワワ犬の原産地のイメージは今ではなくなってしまいました。

外国では自分の身は自分で守るのが常識です~それでも人がくる理由

05

▲フアレス側から見たアメリカです

私自身車の中には拳銃を置いていたこともあります。もちろんそれを使うことはありませんでしたが、万が一はいつ起こるかわかりませんからね。

実はこの街はアメリカ側、テキサスの人たちにとってはなくてはならない便利な街です。国境と言っても、車に乗ったまま、日本でいえばETCを使う感覚で二カ国を行き来できてしまいます。

そうでもしなければ毎日数万人が国境を越えることはできません。アメリカからフアレスにくる目的は一つ、物価の違いです。ガソリンだけ入れるためにメキシコ側にやってくる人も後を絶ちません。

当然、日常品も半額以下で手に入りますので、週末にはこの国境は長蛇の列ができてしまいます。

仕事も同じです。物価が安いメキシコ側に住んで、毎日エルパソまで通勤している人も数多くいます。もうこうなると、国の境、というイメージはまったくありません。有名なリオグランデ川を渡るだけで別の国に行けるわけです。

スポンサーリンク

逮捕された不思議なオジサン~私も笑いました

06

▲のどかな頃もありました

その昔、私が住んでいた頃、ある日ごく普通のオジサンが逮捕され、新聞に載っていました。実はこのオジサン私も何度か見かけたことのある人でしたので、それは驚きでした。

何が不思議かといいますと、この人は毎日ただ歩いて国境を渡って、帰りは自転車に乗って帰るんです。何となく違和感を感じていましたが、あなたはこの人は何をしていたか想像できますか?

いたってシンプルなことだったんです。行きは手ぶらで、帰りは自転車、そう安い自転車をメキシコで毎日買ってアメリカに持ち帰る、自転車の密輸をしていたんですね!

これには私も驚くよりも、新聞を見てつい笑ってしまいましたよ。

何か変だけど、何が変だか良く分からなかった謎が一気に解けた感じですね。これも密輸入なんですが、ドラッグ絡みの事件と比べればかわいいものですね。

フアレスに限らず国境の街はカオスです~一人歩きはやめましょう

つい旅行で訪れると、男なら夜の街に繰り出したくなるものです。でも安全なのは日本だけです。お金だけで済むならまだしも、命まで危険にさらしてしまいます。絶対に日本人だけで出かけるのは止めましょう。

07

▲夜のフアレスの危険な香り

中には身代金目当ての誘拐事件もありますので、本当に注意に注意を重ねても足りないくらいです。

何度も言いますが悪いのはごく一部の人たちだけです、私自身いまだに多くの友人がいますし普通に生活をすることはできます。

ただ最近のニュースを見ていると、一般人であろうが関係なく事件に巻き込まれているようです。半年しか過ごしていませんが決して嫌いな街ではありません。ただここ数年の一気の変貌には驚くしかありません。

おととしアメリカに行った時に、ちょっと足を延ばしてフアレスまで行って友人との再会を楽しんできました。最近の国境近辺の治安の悪さばかりを伝えられると、とても残念な気持ちになってしまいます。

その友人も現在はアメリカ側、エルパソに引っ越しました。

最近はパック旅行で西海岸に行くと、国境を越えてティフアナでお買い物などがコースに入っています。ちょっぴりメキシコ感を味わうのはいいでしょう。でも間違っても一人で出かけたりしないでくださいね。

今はメキシコも国を挙げて国境地帯の安全と浄化に力を入れているようです。いつしかまた安全なフアレスを訪れる日がくることを心から祈っています。私が暮らした半年はまだのどかな雰囲気が残っていましたからね。

文・床田仁グッチ

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る