Global Information site~siruzou

世界には奇妙な法律がたくさんあります~自殺をしたら死刑って!?

International Justice system with gavel books and globe

かつてのイギリス法には、「自殺をしたら死刑」という条文がありました。

どうやって刑を執行するのかと疑問になりますが、宗教上で「自殺は重罪」とされているため、最高刑がかせられていたのです。

現在でも世界には日本人にとっては奇妙だと思われる法律がたくさんあります。そんな法律の数々をご紹介します。

バーで酔っぱらってはいけない!?

イギリスでは、パブやバーなどの認可を得ている場所で酔っぱらうことは違法です。さすが紳士の国!といえるでしょうか? スコットランドでは、牡牛を飼っている人が酔っぱらうと違法です。

オランダでは、日曜日にビールやワインを販売することは違法です。ただ、ビールとワインをミックスした飲み物は販売してもOKです。

スポンサーリンク

イギリスでは人を弓矢で撃つのは合法!?

イギリスのチェスター(イングランド)では、真夜中なら城塞の中に限り、ウェールズ人を弓矢で撃つことが認められています。ヘレフォードの大聖堂近辺では日曜日にかぎり、ウェールズ人を弓矢で撃つことが合法です。

ちなみにイギリスは、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの「カントリー」の連合国家です。近年では、スコットランドの独立機運がたかまっています。

ヨーク(イングランド)では、日曜日以外であればスコットランド人を弓矢で撃ってもかまいません。また、日曜日であっても、スコットランド人がおならをしたときには撃ってもかまいません。

ロンドンでは、男性が午後9時以降に妻を殴ると違法とされています。それ以前の時間帯なら合法なのでしょうか?

フランスでは列車の中でキスをするのは違法!?

フランスでは鉄道内でのキスは違法行為となります。フランス人といえば、濃厚なフレンチキスで有名ですが、意外と保守的な面もあるのでしょうか。

ギリシアでは、公共の場で男性が女性にキスをしているところを見つかると死刑になる場合があります。サウジアラビアでは「知らない相手とキスしてはならない」とされています。

カナダのエドモンドではビアホールで男性が女性と酒を飲むと違法です。ワワ市では、日曜日に人前で恋愛感情をもつことが禁止されています。

オーストラリアでは、子どもがコンドームやアルコールを買うことは禁じられていますが、使用するのは自由です。大人の管理下で使うことになっているのでしょうけれど、「お父さん、ちょうだい」と頼むのでしょうか?

イタリアでは男性がスカートをはくと違法!?

イタリアでは男性がスカートをはいていると逮捕される場合があります。また、公共の場で悪態をつくのは違法、役人を侮辱した場合は6カ月の懲役刑です。また、「メアリー」という名前の女性に限り、売春婦になることが認められていません。

フランスでは200年前から女性のパンツルックは禁止されています。現在は廃止の方向です。

オーストラリアのヴィクトリア州では日曜の午後にはピンクのショートパンツをはくことが禁止されています。また、ブライトンビーチでは、女性は首からヒザまでをおおう水着を着用しなければなりません。それ以上露出するとワイセツなので罰せられます。

サウジアラビアでは男性医師は女性の患者を診察してはいけません。女性医師は少ないため大きな問題となっています。また、女性が車の運転をすることも禁止されています。

ちなみに、アイスランドでは「ニセ医者」という看板を掲げれば誰でも医療行為を行なうことができます。

シンガポールにはチューインガムを持ち込んではいけない!?

シンガポールではチューインガム自体が違法です。持ちこめば2年以内の懲役刑となります。販売するのも違法です。家の中を裸で歩くことは「ポルノ行為」として禁じられています。とても硬い国です。

道端にゴミを捨てるのは違法で、3回有罪になると「私はゴミを捨てました」という札をつけて、毎週日曜日に通りを掃除しなければなりません。この刑罰のようすはニュースで報道されることになっています。

タイでも、歩道にガムのカスを捨てると600ドルの罰金刑です。イギリスでは公共の乗り物内で、女性がチョコレートを食べることが禁止されています。また、10才未満の子どもが裸のマネキンを見るのは違法です。

スポンサーリンク

フランスでは16才以下の子どもは学校でタバコを吸ってはいけない!?

フランスでは子どもは学校でタバコを吸ってはいけません。学校外であればOKということです。愛煙家の小学生は、休み時間には学校の外に出て一服します。禁煙・嫌煙は世界的な流れのように思われがちですが、各国の対応にはばらつきがあります。

フランスではタバコは容認され、道端には吸殻だらけです。スウェーデンでも、「タバコはストレス解消によい」と容認されています。

ちなみに喫煙は、コロンビアやスロベニアでは15才から、イギリス、イタリア、アイルランド、ドミニカ、ベトナムなどでは16才からOKです。アメリカ、カナダ、台湾、スリランカ、マレーシアなどでは18才からです。日本の20才からというのは、世界的にみると、かなり保守的といえるでしょう。

カナダのノバスコシア州では、タバコを吸っているときにおならに火をつけると罰金100ドルの刑がかせられます。

フランス大統領が認めれば、死者とも結婚できる!?

フランスでは、死者と結婚することが可能です。さまざまな審査を受けなければならず、最終的には大統領の決済が必要ですけれど、法律で認められています。ナポレオンの時代に恋人を戦争で亡くしてしまった女性が、亡き人をしのんで結婚を希望したために作られた法律だそうです。

インドでは木と結婚することができる!?

インドでは木との結婚が認められています。ヒンズー教の教えで、弟は兄より先に結婚してはならないことになっているため、どうしても弟が先に結婚したい場合には、兄が木と結婚するのです。

兄は木と結婚している間は他の女性と結婚できません。木が枯れるまでじっと待つのは大変なので、わざと切り倒すのだそうです。この場合、配偶者の殺人罪には問われません。ちなみに婚姻は互いの同意に基づくのが原則ですが、木との場合には相手の同意は不要です。

サウジにポケモンのカードを持って入国すると逮捕!?

サウジアラビアでは、ポケモンが禁止されています。アニメの放送もカードやぬいぐるみを所有することも違法です。ポケモンはイスラムで禁止されている「偶像崇拝」にあたること、カードにギャンブル性があり子供に賭博を教えることになること。キャラクターの進化という設定が、進化論を否定するイスラムの立場と対立すること、ユダヤ教のダビデの星とそっくりのシンボルが登場すること、などが理由です。

所持したまま入国しようとすると、当局により身柄を拘束されますので気をつけてください。「偶像崇拝」「進化論」などは悪魔の仕業とされていますので、重罪となります。

ちなみに、オーストラリアではタロットカードは魔術とされ違法行為です。

エレベーター内で放尿してはいけない!?

シンガポールでは「エレベーター内で放尿してはいけない」と法律で決められています。インドでは、「牛を見ながら小便してはいけない」とされています。

イギリスでは、男性が公共の場で放尿したくなったときには、自分の車の後輪に向けてする場合に限り合法です。その場合、片手は車につけていなければなりません。スコットランドでは、誰かが玄関をノックしてトイレを貸してほしい、といったら中に入れないと違法です。

スイスでは、午後10時以降はアパートでトイレを流すことが禁止されています。また、午後10時以降に男性が立ったまま用を足してはいけません。騒音防止なのでしょうか?

女子トイレの便器の数は男子トイレの便器の数より多くなければならない!?

韓国では、トイレの便器の数にこんな決まりがあります。2002年にワールドカップが開催されるのに合わせ、汚いトイレが世界中に報道されると困る、ということから決められた法律です。

2008年に北京オリンピックが開催された中国でも、「韓国トイレに学ぼう」運動が展開され、韓国の「便文化」が輸入されました。

「トイレは流さなければならない」って当たり前!?

シンガポールでは、公衆トイレを使った後は流しておくことが義務付けられています。日本人なら「当たり前だろ!」と感じるルールですが、中国などでは一般に、トイレは次に使う人が流すものと考えられています。公共トイレでは、入った途端に先人の残したブツをながめることになるのです。

ちなみに、世界一トイレがきれいなのは日本です。イギリスの調査会社が世界の空港のランキングを発表していますが、トイレの清潔度・快適度の世界No.1は関西空港、No.2は成田空港です。温水洗浄便座(いわゆるウォシュレット)の普及率もダントツ世界一です。

違反警官は、ハローキティの腕章をつけなければならない!?

タイでは2007年からしばらくの間、市民への不親切、遅刻、軽い違反をした警官は、キティちゃんの腕章をつけて勤務しなければなりませんでした。ピンクの派手な腕章をつけることで「違反警官」としてさらし者にする刑罰です。

ただ、日本のサンリオの許可をとっていなかったことが判明し、現在では中止されています。

フランスではフランス人の曲ばかりが流される!?

フランスでは午前8時から午後8時までの間、ラジオで流される曲の70%以上がフランス人の作曲したものでなければなりません。フランスでは、自分の飼っているブタに「ナポレオン」と名づけるのは違法です。国の文化や偉人を大切にしているのでしょう。

カナダでもラジオでは、5曲ごとにカナダ生まれの国民が演奏する曲をかけなければなりません。そのため、セリーヌ・ディオンとブライアン・アダムスの曲が異常によくかかるそうです。

ブドウ園にUFOを停めるのは違法!

フランスでは、ブドウ園内にUFOを停めたり着陸させたりするのは違法です。UFOの存在が国家により認定されていることになります。

カナダのブリティッシュコロンビア州には、「雪男を殺してはいけない」という法律があります。カナダの人たちにとっては「雪男」は幻ではないのでしょう。

世界にはユニークな法律がたくさんありますが、きっと日本の法律の中にも、外国の人からみれば奇妙にうつるものがあるのでしょう。たとえば、鳥取県では犬猫を合わせ10頭以上飼うのは違法で、最高「懲役6か月」の罪になります。悪臭をまき散らすなど近所迷惑になるためできたものです。事情を知れば、「なるほど」となりますので、外国の奇妙な法律も、それぞれの背景を知れば納得できるものが多いのではないでしょうか。

by 水の

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る