Global Information site~siruzou

PET-CT検査なら全身のがんを一度にチェックできます!

CT装置の外観

日本人の死因第1位を占める「がん」。完治するためには早期発見が必須ですが、多くの検査では、がんがある程度成長してからでないと見つけることができません。

しかし最近では、ごく小さながんも発見できる上、全身を一度にチェックできる「PET-CT検査」が広まっています。人間ドックなどで受けられますので、気になる人はぜひ1度試してみてはいかがでしょうか?

がん細胞の「大食い」性質を利用した検査

PET(Positron Emission Tomography)とは「陽電子放出断層撮影」の意味で、放射能を出す薬を使った検査です。とはいえ人体に影響が出るような被ばくはありませんので、安心して受けることができます。

スポンサーリンク

この検査は、がん細胞の「ブドウ糖を大量に消費する」性質を利用したものになります。がん細胞は正常な細胞より増殖が早いことはよく知られていますが、それだけ細胞分裂するために栄養を必要とするのです。

そこで「18F-FDG」というブドウ糖に似た薬を静脈注射します。この薬には「放射線同位元素」が含まれますので、全身に行き渡った後でCT撮影をおこなうと、薬が集まっている箇所が黒く映し出されるのです。
ですから、そこにがん細胞が存在する可能性が高いということが分かります。

さらに、薬の光り方によってがんの悪性度もある程度分かります。ブドウ糖を大量に消費すればするほど悪性度は高いことが普通ですので、くっきりと映し出されていれば、それだけたちの悪いがんだといえます。

がんのサイズに関係なく、しかも全身を1度に調べられることから、近年人間ドックのオプション検査として実施する機関が増えてきました。また再発・転移を調べるための検査としても活用されています。

ちなみにアルツハイマー病などの脳疾患も、ブドウ糖の代謝に障害が見られるため、PET-CT検査で早期発見することが可能です。

PET-CT検査の流れ~より良い画像を得るために

CTの装置と撮影した画像
PET-CT検査を受ける前には、5~6時間ほど絶食する必要があります。消化活動がおこなわれていると、そこに薬が集まってしまうからです。
水やお茶は飲めますが、砂糖の入った飲み物は薬との区別がつかないため禁止されます。

準備ができたら、薬を太ももの付け根や肘などから静脈注射します。その後、薬が全身に行き渡るまで、1~2時間安静にして待ちます。この間に動いてしまうと、動かした筋肉に薬が集まってしまうため要注意です。

その後、排尿を済ませて余分な薬を出したら、PET-CT装置の中に入って撮影をおこないます。およそ30~40分間かかりますので、閉所恐怖症の方にはややつらい検査かもしれません。

スポンサーリンク

検査後はすぐに通常の生活に戻ることができますが、10時間前後は少量の放射能が体内に残っていますので、妊婦さんや乳幼児との接触はなるべく控えたほうが安心です。
そして約1週間で、検査結果が自宅に届くという流れになります。

PET-CT検査が得意ながんと苦手ながん

検査を受ける患者
画期的なPET-CT検査ですが、がんによって得手・不得手があります。

一般的にPET-CT検査が得意とするのは、肺がんや大腸がん、食道がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん、悪性リンパ腫、すい臓がん、甲状腺がん、咽頭や喉頭がんなどです。

一方、胃がんや腎臓がん、前立腺がん、膀胱がんなどはPETが苦手とするがんになります。これらはブドウ糖が体外へ排出されるまでの通り道となる器官ですので、自然と薬が集まりやすいからです。
また白血病も、ブドウ糖を取り込まないがんのためPETは不向きとされています。

その他、0.5センチ未満などごく早期のがんや、悪性度の低いがんも、ブドウ糖を大量に消費しないため映りが悪くなることがあります。

さらに薬剤は炎症が起こっている部位にも多く集まりますので、必ずしもがんのみに集積するわけではありません。ですからより確実に判断するために、医療機関によっては血液検査やMRIなども併用しておこないます。

ちなみに糖尿病患者さんの場合、正確な画像を得られにくいため、必ず事前に医師に伝える必要があります。

PET-CT検査の費用とメリット

操作室の扉を開く技師
PET-CT検査は、おもに人間ドックを実施している医療機関で受けることができます。専用の機械が必要ですので、ある程度大きな病院が多いでしょう。

費用は、全身のチェックでおよそ10万円が相場となっています。PET-CT検査が保険適用となるのは、既にがんの診断を受けている場合などごく限られたケースになります。その場合は、3割負担で30,000円ほどです。

やや高額な点がネックではありますが、何といっても手軽に全身の総チェックができること、そして早期がんを発見しやすいことはPET-CTの大きなメリットといえます。

すべての臓器のがんを調べるとなると、それぞれの部位をX線や超音波、MRIなどで調べる必要がありますし、胃や大腸などは内視鏡を挿入する必要があります。しかしPET-CT検査ならたった1度の静脈注射で済みますので、非常に便利です。

また多くの画像検査では、がんが1~1.5センチくらいまで成長しなければ見つけられないことがほとんどですが、PET-CT検査ではがん細胞の性質を利用するため、1センチ未満のがんも検出できる確率が上がります。

がんの種類によっても異なりますが、特に肺がんや乳がん、大腸がんなどの発見率は高く、通常の検診の10~20倍とする医療機関もあるほどです。

家系的にがんの心配が大きい人や、飲酒・喫煙の習慣が長い人などは、年に1度のメディカルチェックとして活用するのもいいでしょう。

By 叶恵美

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る