Global Information site~siruzou

いちじく浣腸必須!頑固な便秘症だった私を救ったあるものとは?

No0276 03

便秘に悩む女性というのは、世の中きっと多いのではないでしょうか。私のその中の一人です。

毎日便通がある人がいるなんて、信じられなかったほどひどい便秘症でした。

一週間に一度の排便でもあればいいほうで、お尻が切れるのは日常茶飯事、バナナのような便を経験したことなど、ほとんどないといっていいくらいです。

そんな頑固な便秘症だった私を救ってくれたのは、あるお茶でした。

初めてのいちじく浣腸体験

私の便秘症は子供のころからで、長い時間トイレにこもってもすっきりしないのは普通のことでした。

スポンサーリンク

あまりに苦しくなると、ごはんがのどを通らないということもありました。

心配した母が買ってきたのは、いちじく浣腸です。「きっと少し楽になるから」と初めて体験したのは幼稚園の頃だったと思います。

これでごはんが美味しく食べられると思うと、嬉しかったのでしょう。二つ返事で母にお願いしました。

ところが、小さな子供に我慢ができるはずもなく、すぐにトイレに駆け込む事態におちいります。

すっきりできなかったのは言うまでもありません。

好き嫌いのない子供だったのに

私は好き嫌いせずなんでも食べる子供でした。出された物は残さず食べるよう教育されていましたし、今でも食べることは大好きです。

さつまいもや栗、ごぼうなどの繊維質も好きで、快便になるからとよく食べさせてもらっていましたが、かえって便が固くなってしまうことのほうが多かったように思います。

水分が足りなかったのかもしれませんが、私の腸には合わないと感じるようになりました。

毎日便通がないことで、太りやすくもありましたし、お腹がいつも重たい感覚もあった気がします。

何より憂鬱だったのは学校から要請される排便検査でした。思うように便が出ないため、いつも提出日に間に合わなかったものです。

私の何が原因なのだろうと、小学校の高学年になるころには考えることも多かったように思います。

体質もあるでしょうが、辿りついた結論は「運動不足」でした。

外で遊ぶのが大嫌いだった私

休み時間になると校庭に飛び出す友達がほとんどでしたが、私は教室で本を読んでいる方が好きな子供でした。

見かねた先生に、何度校庭に追い出されたか分かりません。体育も得意とはいえず、逆上がりには本当に苦労させられました。

運動すれば便秘が良くなるかもしれないと考えた私は、ミニバスケット部に入り、できるだけ体を動かすことに決めます。

実際、運動をしていなかった頃よりトイレで苦しむ時間は減りました。それでも、三日に一度くらいだったでしょうか。

スポンサーリンク

カスピ海ヨーグルトとの出会い

快便の経験がほとんどないまま思春期を迎えた私に、衝撃の出会いがあります。当時流行したカスピ海ヨーグルトです。

母に言われるまま、ヨーグルトにバナナを入れて食べ始めたころ、少しずつ腸が良くなってきたのでしょう。

毎日とは言いませんが、明らかに便の回数が増えました。

No0276 01

効果があると感じた私は、毎日、カスピ海ヨーグルトを口にするようになります。

始めはバナナだけだったトッピングも、はちみつを入れるようになり、きな粉を足してみるようになり、最終的にはすりごまも一緒に混ぜて食べるようになりました。

ところが、快調だったのは2年ほどでした。腸がだんだん刺激に慣れてしまったのか、だんだん思うように出なくなってしまいます。

気づけば朝晩食べても快便という日はほとんどなくなっていました。

薬やカーヴィーダンスも試してみました

同じことばかりしていても、体が慣れてきてしまえば効果が無くなるのだと思った私は、便秘に良いと聞いたものは何でも試しました。

ヤクルトを飲んだり、カーヴィーダンスに挑戦したり、ヨガを習い始めた時期もあります。

最初の頃は効き目があっても、だんだん元の状態に戻ってしまうことがほとんどでした。

どうしても出ないときは、薬に頼った時期もあります。ただ、飲み続けると量が増えてしまい、結局長続きはしないことばかりでした。

期待していなかったごぼう茶との出会い

最近、ごぼう茶が話題になっていることをご存知ですか?

若返り効果があると聞いた私は、お通じにいいかどうかなど知らず、一度試してみようとネットで注文してみました。

熱湯で煮出すかお湯や水を入れてしばらくおくだけという簡単な方法だったので、気が向いたときに飲むことにしました。

ごぼう茶を飲み始めて、効果が出たのは肌ではなくお通じです。

毎日出ることなどほとんどなかったというのに、ごぼう茶を飲み始めてから決まった時間にトイレに行くようになりました。

始めの頃は、なぜこんなにも調子がいいのだろうと不思議だったくらいです。ごぼう茶がきっかけだと気づいたのは、2週間近くが経過してからでした。

No0276 04

出がらしのごぼうも食べています

今ではごぼう茶を飲むのは私の日課です。子供のころから長い間悩んでいた便秘を改善してくれたごぼう茶には、本当に感謝しています。

今のところネットで買ってばかりですが、いずれ、自分で作ってみたいと思う今日この頃です。

泥ごぼうを買ってきて皮を残して洗い、ピーラーで薄く削いだら天日干しをします。

十分乾いたらフライパンでからいりすれば出来上がりという簡単さではありますが、なかなか手が出せません。

出がらしは今のところ、お茶と一緒に食べてしまっています。料理に加えてアレンジすることもできるので、快便と若返りに興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

No0276 05

ごぼう茶だけに頼っていては、効かなくなってしまうこともあるかもしれません。適度な運動や規則正しい生活を心掛け、お通じで悩まずにすむ毎日を送りたいものです。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る